イベント / EVENT

イベントのお知らせ

第10回 国立情報学研究所 湘南会議 記念講演会 (ハイブリット開催)

「人とロボットの経験を拡張するデジタルツイン」
〜コンピュータで再現された現実世界。日常生活をアシストするロボットとそれによる人の行動の実現。その共進関係を支えるデジタルツイン技術とは~

shonanmeeting_20220325.jpg

チラシをダウンロード

日時:

3月25日(土)

  • 体験コーナー:13:30-14:40 (会場のみ)
  • 講演:14:40-16:10
会場:

総合研究大学院大学 葉山キャンパス(神奈川県三浦郡葉山町)
または オンライン

講師:

稲邑 哲也(情報学プリンシプル研究系 准教授)

対象:

一般

定員:

150名

参加費:

無料

講演概要:

日常生活を支援するロボットは、人の仕事を全て引き受けるのではなく、人が行動する際に、それを陰から支えるような役割、すなわち人の経験を拡張させるような役割も持つべきかも知れません。本講演では、近年話題となっているデジタルツイン技術が、人の経験を拡張させ、かつ、ロボットの知能を発展させるために有用な技術であることを概説します。また、デジタルツインとバーチャルリアリティーを融合することで、人の行動の活力を引き出す支援技術について、最新の取り組みを紹介します。

体験コーナー:

「デジタルツイン体験」
VR(バーチャルリアリティー) 空間の中で、ロボットと対話をしながら探し物をする体験ができます。
ロボットがあなたの状態を観察し、あなたが迷わないように言葉で目的の場所を説明します。
日常生活支援ロボットの「説明する能力」を体験してみてください。

問合せ:

神奈川県地域政策課(TEL:045-210-3255/FAX:045-210-8837)

申込み:

下記申込みフォームまたはFAXにてお申し込みください。
https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/offerDetail_initDisplay.action?tempSeq=44348&accessFrom=

関連リンク

entry5660

注目コンテンツ / SPECIAL