AI等の活用を推進する研究データエコシステム構築事業

事業について

「AI 等の活用を推進する研究データエコシステム構築事業」は、デジタル技術とデータ活用による研究活動の変革(研究DX)を全国的に促進するため、「ユースケースの形成、普及」「データ共有・利活用の促進」「研究デジタルインフラ等の効果的活用」を一体的に進めることを目的とした文部科学省の事業です。国立情報学研究所(NII)は、理化学研究所、東京大学、名古屋大学、大阪大学とともにこれを受託し(2022年度~ 最大5年間)、実施に取り組んでいます。

我々は、国立情報学研究所が構築した研究データ基盤「NII Rsearch Data Cloud(NII RDC)」を中心に、基盤の機能高度化やガイドラインの作成等、幅広く取り組み、当該事業を推進します。

ユースケース公募情報

本事業では「全国的な研究データ基盤を活用し、異なる分野間でのデータ連携を前提とした AI・データ駆動型研究のシーズ・ユースケースの創出」を目指していることから、次のとおり、ユースケース創出にかかる課題提案を広く募集します。

お問合せ先

本事業に関するご質問・ご意見はこちらまで。

研究データエコシステム構築事業運営委員会事務局
dataeco-office@nii.ac.jp

AI等の活用を推進する研究データエコシステム構築事業 運営委員会