ニュース / News

ニュースリリース

「SINET5」の活用に関するアイデアソンを開催/「広帯域」や「低遅延」の特性を生かしたアイデア競う

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)は学術情報ネットワーク「SINET5」の活用に関するアイデアソン「100 Gbps/フルメッシュだから○○」を、今年6月10日(土)の「NIIオープンハウス2017」で開催します。

「学術情報ネットワーク(Science Information NETwork: SINET)」は、NIIが日本全国の大学や研究機関などの学術情報基盤として構築・運用している情報通信ネットワークです。現在、850以上の大学や研究機関などが加入しています。平成28年(2016年)4月からは、国内の全都道府県を100 Gbpsの超高速ネットワークでつないだ「SINET5」の本格運用を開始しました。

本アイデアソンでは、通信速度100 Gbpsという「広帯域」や全国をフルメッシュでつないだことによる「低遅延」というSINET5の特性をいかして、これまでは実現できなかったイノベーションを生み出すようなアイデアを競います。参加者は「NIIオープンハウス2017」の会期中、主会場の一橋講堂でアイデアを発表します。SINET5の特性をうまく活用し、発想に優れたアイデアに対して、「SINET賞」および「SINET学生賞」を贈ります。実現性の高いアイデアはSINET事業にも採り入れる予定です。

参加(無料)はチーム単位(1〜3名)で、4月4日開設予定の「NIIオープンハウス2017」のwebサイト(http://www.nii.ac.jp/openhouse/)で登録を受け付けます。参加者はSINET5を構成するネットワーク機器を見学することができます。詳細情報は、SINETのwebサイトの「SINETIdeathon2017」のページ(https://www.sinet.ad.jp/sinetideathon2017)に随時掲載します。

NIIは、本アイデアソンを通じてSINETの活用の幅をさらに広げることで、最先端学術情報基盤の一層の発展に取り組んでいきます。

ニュースリリース

1733

注目コンテンツ / SPECIAL