ニュース / News

ニュースリリース

山岸順一准教授(コンテンツ科学研究系)が日本学術振興会賞を受賞

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)コンテンツ科学研究系准教授の山岸順一が、独立行政法人 日本学術振興会から本日12月27日に発表された「第13回(平成28年度)日本学術振興会賞」を受賞しました。

氏名: 山岸 順一(やまぎし・じゅんいち)
年齢: 37
職名: 国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授

受賞理由:「統計的音声合成における話者適応とその応用」
音声合成技術は、文章から音声を自動合成する技術であり、我々の生活の様々な場面で使われている。従来の音声合成技術の大きな問題点の一つは、自然な合成音声を得るために必要となる音声データの量にあった。具体的には、数十〜数百時間もの音声データがなければ、優れた合成音声を作成することができなかった。
山岸准教授は、この問題に対して、学習済み隠れマルコフモデルを非線形変換により目標話者に適応させる、話者適応と呼ばれる統計的音声合成分野の新しい技術を開発し、必要な音声データの量を数分程度まで減少させることに成功した。この技術は様々な応用分野の開拓に繋がった。例えば、音声障害者の障害により不明瞭になった音声から、本人用の合成音声を作ることにも成功している。開発した技術はオープンソースソフトウェアとして国内外で広く利用されている。
山岸准教授は、音声合成の分野において革新をもたらす技術を開発するとともに、その社会応用でも成果を挙げ、科学技術・学術研究を通して社会的にもインパクトのある貢献をしたものである。

詳細につきましては、以下のリリースや山岸准教授のプロフィールをご参照下さい。

ニュースリリース

山岸准教授のプロフィール

1773

注目コンテンツ / SPECIAL