NIIについて / About NII

所長の挨拶

kitsuregawa.jpg 国立情報学研究所(NII)は日本で唯一の情報学の学術総合研究所として、長期的な視点に立つ基礎研究から社会課題の解決を目指した実践的研究を推進しています。同時に、大学共同利用機関として、学術コミュニティー全体の研究・教育活動に必須となる最先端の学術情報基盤や学術コンテンツ、及び、サービスの提供といった事業を展開しています。

 研究と事業を両輪として活動に取り組むNIIにとって、代表する事業のひとつは「学術情報ネットワーク(Science Infor-mation NETwork:SINET)」です。日本の学術基盤を支えるネットワークとして平成4年にスタートしたSINETは、平成19年に運用を始めたSINET3で世界に先駆けて通信速度を40Gbpsに引き上げ、平成23年に移行したSINET4では信頼性を高めて、同年の東日本大震災でもネットワークの堅牢性を証明しました。そして、平成28年4月には「SINET5」へと移行し、日本国内の都道府県すべてを100Gbpsでつなぎ、さらに日米間他の回線も増強しています。世界的にみてもパワフルなネ ットワークを構築できましたことは日本の学術コミュニティーにとって極めて意義深いと言えます。

 ビッグデータという言葉が多用される今日において、膨大なデータを軽やかにやり取り可能な環境は先端を突き進むサイエンスに不可欠です。大量の実験データを扱い解析には膨大なコンピュータ資源が求められるビッグサイエンスでは、国境や地域を超えてデータをやり取りする国際連携が主流になっています。SINET5による100Gbps化では、一般社団法人国立大学協会、一般社団法人公立大学協会、日本私立大学団体連合会の三者から強いご支持、ご賛同を頂戴し、加えて日本学術会議からもご提言を頂くなど、多くの方々からいただいたご支援の賜物であり、心より御礼申し上げます。

 SINET5への移行は、大学のクラウド化にも大きく資することになります。クラウド化に伴ってオフサイトへのトラフィックが急増しますが、それを支えるのが100GbpsになったSINET5です。クラウド化による大学の計算機資源の集約は大きなコスト削減に結び付く可能性があるとともに、その削減はオープンサイエンスを加速する流れにも寄与することが期待されています。8K映像を利用した医療における教材配信など新しい学術利用が期待されます。また今年度より、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の協力の下、医療向け画像データの共有や遠隔検診を支援するための取り組みも始めており、SINETを学術情報の利用に加えて、実際の医療現場においても展開してまいります。

 今、NIIが注力しているのはオープンサイエンスです。情報学の発展は、科学技術研究にも影響を与えています。従来、学術的知見の共有は論文や書籍が担ってきましたが、今後は研究データそのものを共有する、オープンサイエンスの時代に移行しつつあります。その時代を見据えて、SINET5という世界的にも希に見る高速ネットワークを利用して、複数の大学等が研究データ共有基盤の構築を目指しています。また、データ共有に多様な形態があり、オープンデータのように広く一般に公開する形態から、特定の研究者や組織に限定する場合があります。その実現技術として、大学間の認証サービスである「学認クラウド」を提供していきます。さらに平成29年4月にオープンサイエンス基盤研究センターを設置し、国内の大学や研究機関とともに、研究データの利活用を促進していく所存です。学認クラウドは今後、大学や研究機関と研究データ、そして研究基盤となるクラウドをつなぐゲートウェイとして、オープンサイエンスの発展に寄与していきます。

 NIIは平成27年度に新たな研究施設として「クラウド基盤研究開発センター」を設置しました。米国では、クラウド資源をクラウドベンダーから譲り受けるだけではなくクラウドそのものの研究を大学で行うプロジェクトが始まっています。クラウド研究も新たなステージに入ったと言えます。NIIにおいても、一味も二味も違う次世代クラウド研究を推進したいと考えています。また、平成28年度からは「サイバーセキュリティ研究開発センター」も設けました。「学術ネットワークの安全はNIIが守る」という強い使命感のもと、大学・研究機関にサイバーセキュリティに関する技術サポートや情報を提供してまいります。将来的にはセキュリティ人材育成の基盤づくりにも取り組んでいきたいと考えております。

 NIIでは産学連携の取り組みにも力を入れています。平成28年2月、「金融スマートデータ研究センター」を設置しました。金融という分野は従来、情報系の研究所が積極的に取り組んできた世界ではありませんでしたが、金融に関連するビッグデータを処理、分析して、有益な知識である「金融スマートデータ」に転換することに挑戦いたします。複雑な経済・社会現象の解明に取り組むきっかけを得ました。本センターはNIIで初めて、運営・研究経費の民間負担により設置されました。また、日本の社会や産業界に変革をもたらすようなイノベーションを推進する「コグニティブ・イノベーションセンター」も設置しました。ディープラーニングを契機とする人工知能(AI)の新たなステージにおいて、企業とともに多様なソリューションの開発に取り組んでおります。

 NIIはSINETのような事業と共に、AIをはじめとする情報学の基礎研究のみならず、社会の発展に貢献できるような社会実装を目指した実践的研究も同時に行い、さらにそのフィードバックを行うという、世界的に見ても稀有な機関です。近年ITは「by IT」ばかりが強調されがちですが、「of IT」とのバランスをとりながら機動的な研究体制を強固なものとしていきたいと考えています。

 第5期科学技術基本計画ではITの役割が強く取り上げられ、「Society5.0」という新しいビジョンが提示されました。 NIIはITの基礎研究をしっかりと進めるともに、「Society5.0」に資する社会課題解決型ITに関する取り組むとともに、Society5.0」を実現するためのデータ共用プラットフォームにも貢献していく所存です。もちろん、すべてをNIIで実現できるわけではありません。多様な学術機関と「共考共創」(一緒に考え、皆で創る)しながら推進していく所存です。

 最後に、教育も国立情報学研究所にとって重要な分野の一つです。本研究所は国立大学法人総合研究大学院大学の博士課程となる情報学専攻を設置するとともに、複数の大学と連携大学院を提供しています。日本において『ITの教育を、 ITを駆使して』実現し、より多くの学生にITの基礎を身に着けてもらう方策に取り組みたいと考えています。我が国においても英国と同様に小学生からプログラミング教育を開始することが検討され始めたことを大変喜ばしく感じます。教育と人生の解明は究極のITのターゲットとも言えましょう。

 NIIの研究と事業への取り組みをご高覧頂き、種々ご意見を頂戴いたしたく存じます。引き続きご支援のほどを何卒宜しくお願い申し上げます。

平成29年4月
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立情報学研究所 所長
喜連川 優

注目コンテンツ / SPECIAL