寄附金

 

寄附金

1. 趣旨

民間企業や個人篤志家などから本研究所に寄附していただき、学術研究や教育の充実・発展に活用する制度です。

2. 寄附の条件

<付すことができる条件>

  • 研究目的を指定すること。
  • 特定の講座、研究者を指名すること。
  • 研究結果の簡単な報告を行うこと。
  • 収支決算の概要を提出すること。
  • 寄附目的が完了したときは、使用残額を返還すること。

<付すことができない条件>

  • 寄附金による学術研究の結果得られた特許権、実用新案権、意匠権、商標権、育成者権及び著作権その他これらに準ずる権利を寄附者に譲渡し、実施又は使用させること。
  • その他教育研究上支障がある条件

3. 対象となる機関

法人・個人を問わず広く対象となりますが、当該寄附金を受け入れることが、公序良俗に反する又は著しい不利益をこうむる場合や、寄附金を受け入れることによって機構に過度の負担が伴う場合は受入れられません。

4. 手続き・仕組み

所長あてに寄附金申込書を提出していただきます。
所長は、その内容について審査した上で受入の可否を決定し、寄附者に連絡します。
振込依頼書により寄附金をお振り込みいただきます。
所長から寄附者へ礼状を送付します。
いただいた寄附金は、情報・システム研究機構の下で経理されます。

5. 免税等の取扱い

寄附金は大学共同利用機関法人に対する寄附ということで、法人税法、所得税法による税制上の優遇措置が受けられます。

  • 寄付者が法人の場合、寄附金の全額が損金に算入され税金はかかりません。
  • 寄附者が個人の場合、総所得金額から寄附金の額を控除でき税金の対象となる額が軽減できます。

問い合わせ先

国立情報学研究所 総務部企画課 連携支援チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
TEL:03-4212-2170
kaken[at]nii.ac.jp