トップ > ニュース > 2012年度 > 20120717
 

2012/07/17

大学等発行のオンラインIDに対する信頼性認定を開始~ID連携の対象範囲拡大により教育研究ICT環境の拡充を支援~

国立情報学研究所(所長:坂内正夫、以下 NII)は、NIIが中心となって推進する「学術認証フェデレーション※1」(以下「学認」)に参加する大学等が発行するオンラインIDとそのIDを用いた認証の信頼性の評価を行う評価人について、このたび米国Open Identity Exchange社※2 (以下、OIX)より認定を受けました。この認定により、一定の条件を満たすことが確認された「学認」参加機関をOIXに登録することができるようになり、米国連邦政府機関であるNIH(国立衛生研究所)、NLM(国立医学図書館)、LOC(米国議会図書館)等が提供するサービスに対して、登録された大学等が発行するオンラインIDを用いたアクセスが可能となります。このような信頼フレームワーク※3の構築により、これまでそれぞれ異なるルールや技術を用いて構築されてきたサービスがシームレスにつながり、組織や業界、国境を超えた柔軟な認証が可能になり利便性が向上するとともに、さまざまな利用者情報を安全にやり取りすることが可能になります。「学認」はこのような信頼フレームワークを構築するアジア初の組織となります。