トップ > ニュース > 2016年度 > 2016/11/29 プレスリリース
 

2016/11/29

戦前・戦中の中国北部の様子を伝える「華北交通アーカイブ」を公開〜宣伝活動用写真と交通網データをリンクした研究データベース〜

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)コンテンツ科学研究系准教授 北本 朝展(きたもと・あさのぶ)が構築に参画した、満鉄の流れをくむ戦前・戦中の国策会社の宣伝活動用写真や交通網データなどを収録したデータベース「華北交通アーカイブ」のプロトタイプ版が、本日11月29日より、情報・システム研究機構の「人文学オープンデータ共同利用センター」準備室のサイト内で公開します(http://codh.rois.ac.jp/north-china-railway/)。

このアーカイブは二つの部分から構成されています。第一に、日中戦争開戦直後から終戦まで中国北部(華北)で鉄道やバスなどの運行を担っていた日本の国策会社、華北交通株式会社が宣伝活動用に撮影・収集したストックフォトのアーカイブです。国立大学法人京都大学人文科学研究所にネガとともに残されていた約3万5000枚の「華北交通写真資料」を同大学地域研究統合情報センターがデジタル化したデータの一部を対象に、キャプション(タイトル)や撮影場所などのメタデータを各写真に付与して整備しました。

第二は、華北交通が輸送事業を行っていた交通網のアーカイブです。紙に記録されていた華北交通の路線図を参考に駅や路線をデジタル地図上にプロットし、華北交通の路線図をデジタル化しました。さらに、華北交通写真を「駅」や「路線」でタグ付けすることで、駅名や路線名から写真が検索できるようになりました。これは人文学オープンデータ共同利用センターとNII、学校法人東洋大学が進めた共同研究に基づく成果です。

今後は「華北交通アーカイブ」という研究データベースを活用しながら、写真のテーマや撮影場所から華北交通の活動を明らかにする研究活動を進めていく計画です。また、戦時中の宣伝活動用写真という背景を踏まえて現在はウェブサイトで画像を公開していませんが、今後の一般公開に向けて詳細な調査研究にも取り組んでまいります。

詳細につきましては、以下のリリースをご参照下さい。

ニュースリリース

「華北交通アーカイブ」 | 人文学オープンデータ共同利用センター