イベント / EVENT

イベントのお知らせ

平成29年度 第1回 産官学連携塾

意欲を引き出して、行動を変える 
 ―学習および運動に関する行動変容研究の紹介と展望―

 産官学連携塾は、情報学における最先端の研究動向を熟知する講師陣(研究者)と受講者(応用技術者、利用ユーザ等)との質疑応答や交流を通じて、受講者の皆様に、最新技術動向の把握や将来のビジネスチャンスに繋がるヒントなどを得ていただくことを目的にNIIが無料で定期的に開催しているイベントです。

平成29年度 第1回 NII 産官学連携塾の概要

 近年、IoT技術やウェアラブル端末の発展に伴い、人の行動を正確かつリアルタイムに分析できるようになりつつあります。上記技術は、学習や運動活動のモニタリングに活用することができ、教育・医療分野の発展に期待が寄せられています。しかし、学習・運動活動において、人の行動を分析するだけでは不十分であり、分析した結果に基づいて適切な行動を取るように動機づけて、実際に行動を変容させることが重要です。今回の産官学連携塾では、学習および運動における行動変容をテーマに、講演および交流セッションを行います。

 講演セッションでは、意欲・モチベーション・動機づけに関する基礎研究(1トピック)から始まり、学習・運動における行動変容を目指す応用研究(3トピック)について研究紹介を行います。

 交流セッションでは、講演者と参加者が対等な立場で、研究成果の社会還元・産業応用や社会変革の実現に向けて、各参加者が有するニーズの共有や、行動変容手法のさらなる発展に向けた意見交換および議論を行い、講演者と参加者間、参加者同士の交流を図ります。

 学習・運動活動における意欲について、興味や問題意識をお持ちの方は是非ご参加ください。

  • 日時:2017年9月27日(水)16:00-18:00
  • 会場:国立情報学研究所19階 1903会議室
  • 対象:企業
  • 講師:
    坂本 一憲 (NII アーキテクチャ科学研究系 助教)
    安藤 創一 (電気通信大学 情報理工学研究科 総合情報学専攻 准教授)
    大河原 一憲 (電気通信大学 情報理工学研究科 総合情報学専攻 准教授)
    岡田 涼 (香川大学 教育学部 准教授)
  • 予定:
    16:00~16:15 岡田准教授講演「自発的行動を促すメカニズム:動機づけの心理学」
    16:15~16:30 安藤准教授講演「運動はモチベーションを高めるのか? -脳科学の観点から-」
    16:30~16:45 大河原准教授講演「活動量計が継続的な運動実践に及ぼす効果」
    16:45~17:00 坂本助教講演「AI技術を用いた個性を考慮して意欲を引き出す学習アプリ」
    17:00~17:10 休憩
    17:10~18:00 グループディスカッション

参加お申込みは以下のフォームよりお申込み下さい。

当日は会場の受付にて、お名刺をご提示ください。

お問い合わせ

国立情報学研究所 研究戦略室 nii-ura [at] nii.ac.jp

entry2661

注目コンテンツ / SPECIAL