研究 / Research

ロバストインテリジェンス・ソーシャルテクノロジー研究センター

お知らせ

センターについて

目的

本センターは、ロバストインテリジェンス・ソーシャルテクノロジー研究センターの研究対象である、「頑強な知識基盤(Robust Intelligence)」と「社会課題解決型技術(Social Technology)」につき、関連領域の基礎研究を推進し、社会課題解決に資する価値をもたらす科学技術イノベーションを生み出す、新たな科学知識に基づく革新的技術のシーズを創出することを目的としています。

概要

国立情報学研究所とLINE株式会社にて共同で設置した共同研究部門「ロバストインテリジェンス・ソーシャルテクノロジー研究センター(Center for Robust Intelligence and Social Technology, 略称CRIS)」では、「頑強な知識基盤」と「社会課題解決型技術」に主眼を置き、常に変化し、多様性のある現実世界の環境に対応する強靱さを兼ね備えた知的能力をもち、社会課題を解決できるような情報技術(IT)の研究開発に取り組んでいます。

今後、全国の大学や他の研究機関からの研究者の参加の規模を拡大し、より多くの機関の研究者が参加できる態勢を作っていくことを念頭に事業を実施し、広く研究を展開します。

研究の実施内容

研究テーマの要旨

多様性のある現実世界の環境に対応する強靱さを兼ね備えた知識基盤(ロバストインテリジェンス)を支える要素技術に関する研究

ロバストインテリジェンスとは、複雑で現実的な状況での知能の計算的理解とモデリングのすべての側面を網羅するもので、人工知能(AI)やビックデータなどを包括的に扱う上位概念です。ロバストインテリジェンスは、AI、コンピュータビジョン、自然言語処理、機械学習、計算神経科学、認知科学、および関連分野の研究を統合進歩させる知識基盤であり、当委託研究では、各要素技術の個別領域における研究、並びに、ロバストインテリジェンスを構築する上での領域横断的な研究を実施します。

ロバストインテリジェンスを社会的な課題解決に役立てるための応用技術に関する研究

少子高齢化、教育・情報・生活面等での格差拡大、大規模災害への対応など、現代日本社会が直面するさまざまな社会課題に対し、ロバストインテリジェンス及びその要素技術を活用して、課題解決への解を探索する研究を実施します。

研究テーマの領域

※下記に限定されず、広範囲に研究を実施します。

img_cris.jpg

メンバー

センター長

喜連川 優

副センター長

黒橋 禎夫(NII客員教授、京都大学大学院情報学研究科 教授)

センター員

佐藤 真一(コンテンツ科学研究系 教授)
土田 正士(特任研究員)

問い合わせ先

〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
国立情報学研究所 ロバストインテリジェンス・ソーシャルテクノロジー研究センター
TEL:03-4212-2591
e-mail:cris[at]nii.ac.jp
※[at]を@に変換して送信してください

注目コンテンツ / SPECIAL