トップ > 研究・プロジェクト > アーキテクチャ科学研究系
時代を躍進するNII研究者による研究シーズ集
 

アーキテクチャ科学研究系

 

コンピュータ、ネットワークなどのソフトウェア・ハードウェアのアーキテクチャやシステム化に関する研究を行なっています。

ネットワークアーキテクチャ

 

より効率的で安心な通信ネットワークを目指して
阿部 俊二

私は、通信ネットワーク社会において、情報を素早く、スムーズに、精確に、そしてコンパクトな状態でやりとりするための研究をしています。研究テーマの1つは、次世代の光ネットワークや、モバイルIPネットワークなどを流れる通信量(トラフィック)を制御する方式の開発と性能評価です。また、ネットワークを安心・安全に使えるための研究にも取り組んでいます。例えば、サーバーに対して故意に大量のデータを送ることによってシステムがダウンするDoS/DDoS攻撃を受けるとき、これをごく初期に検出する方法や、サーバーの管理運用のための手法などの研究も進めています。

インターネットが見せる不思議な振る舞いを解き明かす
福田 健介

インターネットには、パソコンをはじめ、数えきれないほど多くの情報処理装置がつなげられています。しかし、ネット上では、互いに情報をやりとりするための簡単なルールが決められているだけです。インターネット全体を誰かが直接制御する仕組みはありません。1つ1つが自己の意思に従って勝手に通信し合う、そういったものが集まっただけの、自立分散型のシステムなのです。ところが、個々の装置の勝手な動きが集まると、インターネット全体では、とても面白い振る舞いが見られることがわかってきました。私は、その不思議さに魅せられて、研究の道へ進みました。

 

情報通信ネットワーク

 

超高速で超大容量の学術ネットワークのための基盤研究
漆谷 重雄

国立情報学研究所は、研究・教育環境を高度化するために、関係機関を結ぶ最新の学術情報ネットワーク、SINET(サイネット)を運用しています。私の研究テーマは超高速で超大容量のバックボーンを、高信頼かつ経済的に作るための基盤技術の研究であり、SINETの設計・構築にも携わってきました。最新ネットワークのさらに一歩先を行く技術を創出し、定期的に実ネットワークに反映させていくことで、革新的な実用ネットワークの提供につなげていきます。

タフに、そして柔軟に - 次世代研究ネットワークのあるべき姿へ
栗本 崇

私は、高速大容量の通信を実現する装置や、通信の信頼性を向上させるための開発や研究を行っています。端末の性能や高速アクセスの整備によって飛躍的に通信データ量が増加し、大容量に耐えられながらも経済的にネットワークを構成する技術が必要とされております。国立情報学研究所ではネットワーク「SINET(サイネット)」を、大学や研究機関に提供し、実験データを流通させるなど学術研究等において重要な役割を担っております。ネットワークの研究成果を上記SINETへ反映するなど活用される技術研究を目指します。

通信の品質保証に取り組む
計 宇生

私たちは通信のネットワークを使って、物理的に隔てられた人やコンピュータとの間で情報のやりとりをしています。このネットワークをつくるとき、情報をいかに速く正確に伝えられるかという品質保証が重要で、私はその研究をしています。

「光」と裏腹の「影」に備えるサイバーセキュリティ研究
高倉 弘喜

インターネットに接続される機器がこれまでのパソコンから温度センサーや自動車、航空機と広がり、さらにこれらの機器が自動的にデータを交換するようになった現在、新たなサイバーセキュリティ対策が必要となっています。例えば、数億個のセンサーからなるシステムでは、センサー一つずつのセキュリティ強化は費用面から非現実的ですので、システム全体を俯瞰して、サイバー攻撃による影響が許容範囲内なのか否かにより適切な措置を講じるといった手法が必要となります。また、取るべき措置を判断し、経営層への説明と現場エンジニアへの指示を出せるマネジメント人材の育成にも取り組んでいます。

 

計算機アーキテクチャ

 

高性能計算をすぐに誰でも使えるサービスを目指して
合田 憲人

コンピュータの進歩はめざましく、私たちが使っているパーソナル・コンピュータでも、20年前の計算機センターのコンピュータの性能を越えるまでになりました。それに伴って、計算機科学も進歩しています。この分野をより発展させ、成果として得られる強力な高性能計算技術を、計算機科学の研究者だけでなく、誰でもすぐに使えるものにすることが私の夢です。

コンピュータの性能の鍵を握るネットワーク設計
鯉渕 道紘

私の最大の夢は世界一のスーパーコンピュータ(スパコン)のネットワークを設計し、日本から世に送りだすことです。大量の情報処理を求められるスパコンのハードウエアには「ロスレスネットワーク」が不可欠だと考え、その研究をしています。

マネージメント部門の改良がコアの高性能化の道を拓く
五島 正裕

コンピュータのたゆまない高速化は、情報社会の発展の礎です。もうこれ以上コンピュータを高速化する必要はないという意見を時折耳にします。そのような意見は、10年前にも20年前にもありました。しかし、10年前、20年前のコンピュータで、果たして今満足できるでしょうか? 私の研究室では、このようなコンピュータの高速化を更に10年、20年と延長するための研究を続けていきます。

機械と人間とのインターフェースの向上を目指す
橋爪 宏達

私の研究は、人間がコンピュータを使って作業や仕事をしやすくするため、機械と人間との接点(マン・マシン・インターフェース)を、より使い勝手の良いものにしていくことを目指しています。人間と機械のより緊密な関係を築くのが目標です。あわせてその理論的な裏づけも求めています。

 

基盤ソフトウェア

 

ネットワークを移動するソフトウェアを実現
佐藤 一郎

次世代ソフトウェア技術として期待されるモバイルエージェントとは、コンピュータ間を自在に移動しながら処理を実行してくれる能動的なソフトウェアです。これを実現させるためには、モバイルエージェントがいったん処理を中断して"冷凍"されたような形でネットワーク上を移動して、目指すコンピュータに到達すると自動的に"解凍"されて動き出すといった仕掛けを入れておかなければなりません。基盤となるソフトウェアに加えて、モバイルエージェントを利用した新しいネットワーク技術やアプリケーションを主に研究しています。

信頼できるプログラミング環境と、楽しく実りあるプログラミング学習を求めて
対馬 かなえ

現在、社会のあちこちでプログラムが動いています。それらのプログラムが安全であるか?というのは大変重要な問題です。プログラムの安全性を高める手法として、「型」というものがありますが、一方で「型」があるとプログラミングが少し難しくなるという難点があります。私は「型」のある世界の信頼感を求めて、簡単に「型」のあるプログラムが書けるようになる方法について研究しています。

プログラミングを科学して、効率や信頼性を高める
胡 振江

私の研究テーマを一言で言うと、「プログラミングを科学する」ということです。これまで経験が頼みだったプログラミングについても、その背景にある数理的構造などからプログラムを運算(演算)するための理論を構築することにより、それをマスターした人には容易に、信頼性が高く安全なプログラムを効率的に作れるようにしようというものです。

 

ソフトウェア工学

 

やる気を維持するソフトウェアをもとめて
坂本 一憲

やろうという気持ちつまりやる気は、どんな人間活動においてもとても重要です。私たちには何かに挑戦するときに、必ず何かをやろうという気持ちがわいてきます。その気持ちをもっと強くできれば、人は一生懸命に勉強したり、運動したり、新しいことに挑戦したりするのではないでしょうか。私はやる気を維持する仕組みを研究して、その成果を誰もが簡単に利用できるソフトウェアとして提供することを目指しています。ソフトウェアが人間の気持ちを支えることで、人間は自分らしく生きる、そんな世界を目指して研究しています。

ソフトウェアの信頼性を高めるための形式検証技術
中島 震

かつては、限られた専門知識を持つオペレーターのみが大型計算機を使いこなしていましたが、今やそこで動いていたのと同じような規模のソフトウェアが携帯電話にも搭載されるようになり、一般の人が意識せずに使うようになりました。家電などに用いられる、いわゆる組み込みソフトウェアは文字通り桁違いに普及しており、もし不具合があれば影響力も大きくなります。そこで、信頼性の高いソフトウェアを作りたいというのが、私の研究の目的です。

次世代ソフトウェア開発のリーダーを育てる
本位田 真一

これまで私は、常に近未来の社会のニーズを意識して研究してきました。長年取り組んできた「スマーティブ」と名付けた研究は、ネット上に送りだす画像などの制作物(コンテンツ)にエージュント機能(ソフトウェア)をもたせ、コンテンツ流通の安全性を図るものです。今は、次世代のソフトウェア技術者を育てる必要を強く感じ、新たな活動を始めています。

ソフトウェアをパートナーに
吉岡 信和

将来的には、ソフトウェアが、いろいろな情報を学習し、成長していく仕組みを作りたいと考えています。そうなれば、スマーティブは、所有者の意志や思考を汲み取り、「あうん」の呼吸で働く唯一無二の代理人になれますし、弱点や癖をよく知り、より的確にセキュリティを選択することのできるソフトウェアを作ることもできます。ソフトウェアたちが人間のパートナーとなり、生活をより豊かにし、より高度な活動を可能にしてくれる社会。そんな素敵な世界を目指して、今後も研究を続けていきたいと思っています。

非同期式回路の次世代CADツールの開発
米田 友洋

今のコンピュータにはクロック機能が組み込まれた同期式回路が採用されています。クロック信号を用いれば容易にタイミングを取れるので制御しやすくなっていますが、トランジスタのサイズが小さくなるにつれて、さまざまな問題が生じてくるようになりました。そこで、コンピュータが開発された初期の頃に使われていた非同期式回路に注目して問題解消を試みようと考え、設計のためのアルゴリズムの組み立てから始めて、実際にプログラミングをして非同期式回路専用のCADツールを開発する作業を進めており、多様な要素技術を研究しています。

最先端技術を日常生活に活かすシステムを構築する
鄭 顕志

「無線センサーネットワーク」技術は、センサー技術を高度化し、より複雑な用途へと応用したものです。センサーを搭載した小さなコンピュータ「センサーノード」を広い地域に複数設置し、ネットワーク化して情報を収集します。無線センサーネットワークを利用し、センサーノード間で収集したデータを伝達させ、どのセンサーノードから外部に通信させるか、正確さを犠牲にすることなく、流通するデータ量をどのように最小化させられるか—言い換えれば、どうすればできる限りエコで、信頼性の高いシステムが実現できるか、ということが私の研究テーマです。