大学院教育 / GRADUATE Program

事前相談

情報学専攻では、本専攻に入学を希望する方全員を対象として、指導を希望する教員との事前相談を行っています。本専攻に応募する方は、必ず、出願に十分先だって事前相談を行ってください。

目的・主旨

事前相談は、応募者が志望指導教員を選定し、入学後の研究内容について事前に指導・助言を得られるようにすることを目的とした、非常に重要なものです。

応募者にとって、志望指導教員から指導を受けられるかどうか、希望する研究内容が妥当かどうか、どのように研究計画を立てれば良いか、入試や入学までにどのような準備をすれば良いか、などの情報を得る貴重な機会となります。希望する研究内容についてより適切な指導教員がいる場合は、紹介してもらうこともできます。

また、教員にとっても、応募者の研究に関する興味や関心、特性、背景知識などを理解し、研究指導計画を立てるために役立ちます。

実施形態

実施形態は特に決まっていません。応募者や教員の状況などに応じて、メール、ビデオ通話、面会など適宜の方法で行います。

なお、大学院説明会の個別相談会を利用いただくこともできますが、それだけでは不十分ですので、必ず希望する指導教員に連絡を取って事前相談をしてください。

実施時期

事前相談はいつでも受け付けていますが、入試の出願書類には志望指導教員名や研究内容を記載する必要がありますので、応募の具体的な検討を始められましたら、なるべく早く行ってください。

なお、事前相談は出願前に行うことを原則としますが、何らかの理由で出願前にできなかった場合は、出願後でも構いませんので必ず行ってください。

連絡方法

事前相談したい教員に、気軽に電子メール等でご連絡ください。複数の教員に事前相談しても構いませんが、その場合はその旨を各教員にお知らせください。

適当な教員がわからない場合は、本ウェブページ上部にある「お問い合わせ・資料請求」からご連絡いただくこともできます。

教員の見つけ方

「指導教員一覧」のページを参照し、研究キーワードなどから希望の研究内容に近い教員を選んで、指導内容や研究内容を確認してください。

→ 指導教員一覧はこちら

その他

本専攻では、志望指導教員が出願者の受入れをできず、他に適当な指導教員がいない場合は、入学者選抜において不合格となりますので、本専攻に応募する方は、必ず事前相談を行って志望指導教員を選定してください。

国立大学法人 総合研究大学院大学 複合科学研究科情報学専攻

国立大学法人 総合研究大学院大学 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所 / National Institute of Informatics