カリキュラム(講義概要)

授業風景

情報学専攻では、「国立情報学研究所」が有する最先端の設備と国際的な雰囲気の中で、第一線の研究者による研究教育指導を行っています。情報学専攻の修了要件は、所定の単位を修得し、適切な指導のもとで研究を実施し,研究成果をまとめた博士論文の審査に合格することです。修了に必要な単位数として、博士課程(3年次編入学コース)では10単位以上、博士課程(5年一貫制コース)では40単位以上の履修が義務づけられています。前学期(4~9月)と後学期(10~3月)の2学期制です。

なお、在学年限については弾力的な取扱いがなされており、優れた研究業績を上げた者は、在学年限が短縮されることもあります。また、博士課程(5年一貫制コース)でやむを得ず途中で退学する場合でも、一定の要件を満たしていれば、修士の学位を取得することも可能です。

情報基礎科学

情報基礎科学では、情報学の基礎となる理論を研究する。これらの理論は、理論自体に深みがあり解き明かすことに意義が深い上に、ネットワーク、ソフトウェア、人工知能、情報抽出などの情報学の応用分野全体に対する根を与える。特に、プログラムに関する数理、数値計算に関する数理、言語に関する数理、量子計算の理論、生物学及び化学に対して情報学の手法を応用するための基礎理論を中心として研究を行う。具体的には、数値解析・アルゴリズム・プログラム理論・論理の数理的研究、言語の数学的モデル、量子コンピュータ・量子通信の基礎研究、生命情報・化学情報に関する先端的研究を行う。

情報基盤科学

情報システムの基盤となるコンピュータシステム及び情報通信ネットワーク分野の理論及び技術的基盤について研究する。現代の情報システムはコンピュータシステム基盤と情報通信ネットワーク基盤によって支えられており、本研究指導分野では両方を総合的に取り扱う。すなわち、計算機アーキテクチャ、ディジタル回路、並列・分散処理、高性能計算、ディペンダブルコンピューティング技術、ネットワークアーキテクチャ、プロトコル、ネットワーク設計・運用のための性能評価・モデリング手法、ネットワークセキュリティ等に焦点を当てて、理論的、実践的な研究を行う。

ソフトウェア科学

ソフトウェアは、全産業・全活動の基盤である。知識創成型社会に向けて、情報システムは益々多様化している。この鍵を握っているのは、高機能、高品質、高信頼のソフトウェアである。本分野では、次世代情報システムの実現に不可欠なソフトウェア科学の重要な学問的課題を扱う。即ち、プログラミング言語、ソフトウェア工学(特にプログラム検証)、分散システムなどの共通ソフトウェア技術から、データ工学(特にデータマイニング)、シグナルプロセッシングなどの応用ソフトウェア技術まで、基礎から応用までの研究を行う。

情報メディア科学

情報洪水と言われている現代、情報システムは人間に適切な情報を適切に提供する「メディア」としての振る舞いが求められている。本分野では、この視点に基づく様々な課題について検討を行う。扱うべき情報は多様なメディアからなるが、その処理において必要となる理論や技術を検討する。大量のメディア情報(特にテキスト)を効率的に扱うための基盤となる理論・技術について検討する。また、パターン認識や信号処理といったメディア処理全般にかかわる基礎技術や、その応用例として画像や音のといったメディアの処理、解析、加工・編集、提示技術についても検討を加える。さらに、人間と情報システム、あるいは、人間同士の対話におけるメディアの効用について検討する。

知能システム科学

人間のように話したり、考えたり、学んだりする機械またはコンピューターの開発が進んでいる。これは人工知能(AI)と呼ばれる技術を用いて実現され、多くのシステムに組み込まれ様々な問題を解決しつつある。本学問分野では、知能システムを実現するための重要な基礎課題と代表的な対象分野を取り扱う。知能の根本原理、機械による推論、機械学習、人間と機械の知的インタフェースやインタラクション、知能ロボット、知識共有システム、自然言語理解、および自然科学や社会科学における応用などの広範な研究を通して、今後の情報化社会において必要となる知能システム技術を開発できる人材の育成を目指す。

情報環境科学

情報環境とは、情報、情報通信基盤、情報管理・流通・検索システム、人及び社会基盤を一体としてみなした新しい概念であり、情報社会の実現に不可欠な学問体系であると理解されるようになってきた。本分野では、ディジタルドキュメント、学術情報環境論を基幹科目とし、ディジタルパブリケーション、学術情報データベース、人間環境情報学、情報検索、情報言語学及び情報社会論に関して、基礎から応用までを体系的に研究する。

専攻専門科目

(単位数 無印:2、☆印:1)

科目コードはこちら

専攻共通科目

  • 情報学特別実験研究ⅠA・ⅠB?ⅤA・ⅤB(情報学専攻担当教員)
  • 情報学総合研究ⅠA・ⅠB(情報学専攻担当教員)
  • 情報学特別実験研究ⅠA・ⅠB?ⅤA・ⅤB(情報学専攻担当教員)
  • 情報学特別演習ⅠA・ⅠB?ⅡA・ⅡB(情報学専攻担当教員)

情報基礎科学

情報環境科学

知能システム科学

共通専門基礎科目

(単位数 無印:2、☆印:1)

専攻共通科目

時間割(後学期)

(◎:講義の使用言語/日本語:、▲複合科学研究科共通専門基礎科目、*:他大学の学生/受講不可)