事業 / Service

平成22年度 学術情報基盤オープンフォーラム

学術情報基盤オープンフォーラム2010
開催趣旨

国立情報学研究所での検討状況、各大学等での上位レイヤ関連の取り組み及び、国立情報学研究所で取り組んでいる事項等の紹介の他に、民間企業の方を招いてクラウド化による情報基盤を取り巻く現状等について、大学関係者の皆様を対象に学術情報基盤に関する情報交換・技術交流を目的とした講演会を開催いたします。

日時

平成22年11月10日(水)10:30-16:30

場所

一橋記念講堂 東京都千代田区2-1-2 学術総合センター 2F
アクセス

主催

国立情報学研究所

参加費

無料

参加費

無料

プログラム

午前は国立情報学研究所で行っている議論や活動の報告、今後の取り組み等の紹介、意見交換を行います。(参加対象者:SINET接続機関の方に限る)

10:30-10:50 学術情報基盤ネットワーク運営・連携本部 企画作業部会について
10:50-11:10 コミュニティ連携・人材育成グループについて
11:10-11:30 最先端サービスグループについて
11:30-11:50 認証基盤グループについて
11:50-12:15 意見交換
12:15-13:15 休憩

午後は各大学等での上位レイヤ関連の取り組みや、新たにNIIで取り組んでいる事項と民間企業からクラウド化による情報基盤を取り巻く現状等の紹介を行います。(参加対象者:SINET接続機関以外の方も参加可)

13:15-13:35 「東京農工大学における国内メールクラウドサービスシステムの活用」
東京農工大学総合情報メディアセンター 辻澤隆彦
13:35-13:55 「金沢大学における統合認証基盤・全学ポータル整備」
金沢大学総合メディア基盤センター 笠原禎也 松平拓也
13:55-14:15 「高エネルギー物理学におけるe-Science実践事例の紹介」
高エネルギー加速器研究機構計算科学センター 佐々木節
14:15-14:35 「クラウドを使って学べる edubase Cloud」
国立情報学研究所アーキテクチャ科学研究系 吉岡信和
14:35-14:45 質疑応答
14:45-14:55 休憩
14:55-15:15 「学術認証フェデレーションが創る情報サービス・イノベーション」
国立情報学研究所情報社会相関研究系 曽根原登
15:15-15:45 「セキュリティオペレーション事業者から見るクラウドの現状と対策」
株式会社ラック チーフエバンジェリスト 川口洋
15:45-16:15 クラウドコンピューティングで実現する教育情報基盤のあるべき姿
ヴイエムウェア株式会社 東日本営業部 渋谷大輔
16:15-16:30 質疑応答

司会:平原孝明

参加申込

このイベントは終了しました。多数ご参加いただきありがとうございました。

お問合せ先

国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術基盤課
フォーラム担当
TEL : 03-4212-2262
openforum(a)nii.ac.jp ※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

注目コンテンツ / SPECIAL