トップ > サービス・事業 > 最先端学術情報基盤の推進

最先端学術情報基盤の推進

 

一般利用向け

 CiNii(NII論文情報ナビゲータ)やKAKEN(科学研究費補助金データベース)など、大学図書館や学協会、研究者との協力のもとに構築してきた学術コンテンツを総合的に提供するサービスです。

 

論文や図書・雑誌などの学術情報が検索できるデータベースサービスです。日本の学術論文を中心に、本文や引用文献へのナビゲーション機能を提供しています。

 
 

文部科学省および日本学術振興会が交付する科学研究費補助金により行われた研究の採択課題と研究成果報告書、研究成果概要などを閲覧できるデータベースで、国内の多岐にわたる分野での最新の研究情報を調べることができます。

 
 

日本の学会や研究グループなどで作成された専門分野に特化したデータベースを集約し、公開していきます。各データベースを個別に検索できるほか、複数のデータベースを横断的に検索できます。

 
 

JAIROは、日本の学術機関リポジトリに蓄積された大学や研究機関の教育・研究成果(学術雑誌論文、学位論文、研究紀要、研究報告書、教材など)を横断的に検索できるサービスです。

 
 

NII電子ジャーナルリポジトリは、安定・継続的な電子ジャーナルの提供を目的として、大学図書館コンソーシアムとの連携のもとに、電子ジャーナルコンテンツを保管し、利用提供するものです。コンテンツの利用条件は、各出版社の契約に基づいています。

 

 大学等機関担当者向け

 学術情報ネットワーク(SINET)、目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)や学術機関リポジトリ(IRP)、学術認証フェデレーション(GakuNin)など、学術コミュニティ全体へ向けたサービスです。

 

日本全国の大学、研究機関などの学術情報基盤として構築、運用されている情報通信ネットワークです。

 
 

研究者の研究活動を支援するため、全国の大学図書館などにどのような学術文献(図書・雑誌)が所蔵されているかが即座に分かる総合目録データベースを構築するシステムです。

 
 

機関リポジトリとは、大学とその構成員が創造したデジタル資料の管理や発信を行うために、大学がそのコミュニティの構成員に提供する一連のサービスです。NIIでは、これまでのコンテンツ関連事業の成果を継承、拡充させ、次世代学術コンテンツ基盤の整備に資するために、各大学における機関リポジトリの構築とその連携を支援しています。

 
 

日本の学協会などが刊行する学術雑誌の電子化・国際化を強化することによって、学術情報流通の国際的基盤の改善に寄与するとともに、わが国の学術・科学技術研究の成果の一層の普及を推進することを目的として、平成15年度から実施しています。

 
 

国内の大学等が発行する研究紀要の電子化、公開の支援を通じて、大学等の情報発信を支援する、学術雑誌公開支援事業を実施しています。

 
 

学協会の発行する学術雑誌のページをそのまま画像データとして蓄積し、 書誌情報とともに検索できるようにした情報サービスです。

 
 

ネットワーク上の学術リソースや学術サービスを、個人や機関を特定する形で安心・安全に提供および利用するためには、ネットワーク上での利用者の確認(認証)が必要です。学術認証フェデレーション(学認)は、大学の認証基盤の連携により、学内サービスのみならず、連携する他大学、学術クラウドサービスや商用電子ジャーナルなどの認証をワンストップで実現するシステムです。

 
 

NIIでは、大学などにおいて日本の学術情報基盤を支える人材の育成に積極的に取り組むため、教育研修事業を実施しています。