メールマガジン / MAIL MAGAZINE

バックナンバー

号外(2009年4月8日発行)(2009年04月08日発行)

===== NII メールマガジン ============================ 2009/04/08
☆。.:*号外:・'゜★       http://www.nii.ac.jp/

========================================================
NIIメールマガジンは、国立情報学研究所関連のイベント、サービスや出版物
などの最新情報を適宜まとめて月1回程度電子メールでお届けするものです。
--------------------------------------------------------------------
‐イベント情報‐

■研究・教育のためのデータ連携ワークショップ(第1回)のご案内
The 1st Workshop on Establishing Academic Federation
for Data Sharing (AFeDs)

日 時:平成21年4月22日(水)10:30-18:00
会 場:学術総合センター 一橋記念講堂
http://www.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=65
参加費:無料
詳 細:http://www.nii.ac.jp/workshop/2009/index-j.html

参加を希望される方は、「ワークショップ申込み」と明記し、
(1)氏名、(2)連絡先(ご所属、電話番号、E-mailアドレス)を
ご記入のうえ、E-mailまたはFAXにて下記事務局宛にお申込みください。

【お問い合わせ/お申込み】
AFeDsワークショップ事務局
TEL: 03-4212-2166, FAX: 03-4212-2150
E-mail: afeds@nii.ac.jp

◆開催趣旨
科学のパラダイム・シフトがおころうとしている。それは、実験科学、
理論科学、計算科学に次ぐ、第四の科学と言われるデータ中心科学
(Data Centric-Science)である。コンピュータとネットワーク技術
の進歩により、研究・教育のためのユビキタス環境が整った。このため、
データやコンテンツを相互に利用し、データの統合や連携などの課題を
解決しなくてはならない。そこで、データとコンテンツの技術的あるい
は社会・文化的な違いを明らかにして、データ連携の仕組みを検討する
必要がある。本ワークショップは、具体的な研究・教育のデータ活用
事例を取り上げ、分野を超えたデータ連携の在り方について議論する。

◆プログラム(予定)
10:30〜 
開会 データ共同利用とデータ連携研究にむけて
曽根原 登(国立情報学研究所)

10:40〜12:00 
研究・教育のためのデータ連携の課題 技術・産業
モデレータ 越前 功(国立情報学研究所)
(1)コンテンツ技術戦略マップ2009について
村上 敬亮(経済産業省)
(2)科学データの国際連携の現状 脳情報科学データを中心として
臼井 支朗(理化学研究所)
(3)コンテンツからデータへ 産業競争力強化の視点から
土井 美和子(株式会社東芝)
(4)データ連携の技術進歩は? データ統合の技術的視点から
高野 明彦(国立情報学研究所)
(5)討論 コンテンツとデータの法制度的違いとは?分野毎のデータの性質から
須川 賢洋(新潟大学)

13:30〜
基調講演 分野を超えたデータ中心科学の推進基盤
坂内 正夫(国立情報学研究所)

14:00〜15:00
データ連携の現状と課題 メディア・社会・文化
モデレータ 佐藤 真一(国立情報学研究所)
(1)ユビキタスデータ通信環境 超データ流通メディアの研究開発(案)
渡辺 克也(総務省)
(2)放送コンテンツの研究開発とビジネス面の課題
八木 伸行(NHK放送技術研究所)
(3)音声データ利用の連携 音声資源コンソーシアムの現状
板橋 秀一・山川 仁子(国立情報学研究所)
(4)文化資源情報の研究機関間連携の課題
安達 文夫(国立歴史民俗博物館)
(5)討論 マルチメディア技術開発でのコンテンツとデータ扱い
佐藤 真一(国立情報学研究所)

15:20〜16:20
データ付加価値化 
モデレータ 山地 一禎(国立情報学研究所)
(1)医療・保健・福祉データ連携の現状と課題
藤田 利治(統計数理研究所)
(2)医療・健康データ中心科学の実際 データクレンジングとマイニング
倉本 秋・片岡 浩巳(高知大学 医学部)
(3)新統計法にもとづく統計データの二次利用について
廣松 毅(情報セキュリティ大学院大学)
(4)研究評価データのオーガナイゼーション
孫 媛(国立情報学研究所)
(5)討論 統計的データリンケージの方法と可能性
椿 広計(統計数理研究所)

16:40〜17:50
データ連携の制度設計 人間・社会と制度 
モデレータ 柿沼 澄男(国立情報学研究所)
(1)社会調査のデータ・オーガニゼーション 海外の状況・日本の現状と展望
吉野 諒三(統計数理研究所)
(2)データ連携の法制度課題 個人情報・プライバシーの視点から
鈴木 正朝(新潟大学)
(3)データ内容・品質の表示と責任
林 紘一郎(情報セキュリティ大学院大学)
(4)データ連携セキュリティの課題
越前 功(国立情報学研究所)
(5)時空間データと地域・文化データの連携科学
柴山 守(京都大学東南アジア研究所)
(6)討論 学術データ連携政策
柿沼 澄男(国立情報学研究所)

18:00〜
閉会 データ連携の進め方
曽根原 登(国立情報学研究所)

========================================================
-編集後記-
NII メールマガジン 号外をお届けしました。
ご意見、ご感想は、[kouhou@nii.ac.jp]までお願いいたします。

NII メールマガジンの購読解除、登録後のアドレス変更、バックナンバー
については、NIIホームページ http://www.nii.ac.jp/ の
画面左下「NIIメールマガジン無料」バナーをクリックしてください。

NII メールマガジンは、購読の登録をされた方にお送りさせていただいて
おります。

メールマガジンは、(財)日本情報処理開発協会が認定する「プライバシー
マーク」を取得した個人情報の保護に関して信頼のおける業者に委託しており
ます。
記事中のURLは内容を詳細にお知らせするためのものですが、クリック件数
により読者のニーズを把握し、よりよい誌面つくりにも活用させていただくこ
とにしています。皆様お一人お一人の行動履歴やパターンを調べるために使用
することは一切ありません。

--------------------------------------------------------------------
編集・発行
--------------------------------------------------------------------
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立情報学研究所 企画推進本部 広報普及チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
TEL:03-4212-2136
E-Mail:kouhou@nii.ac.jp
ホームページ:http://www.nii.ac.jp/

========================================================

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp 
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

注目コンテンツ / SPECIAL