Interview

CT画像の解析結果を感染症対策に役立てる

学会や大学と連携してCOVID-19肺炎の診断支援AIを開発

現在、COVID-19の診断にはPCR検査が用いられているが、より精密な診断や予後の予測にはCT(コンピュータ断層撮影法)検査が有用だという。とくに日本の医療機関における人口あたりのCT装置保有台数は世界一を誇り、CT画像データの活用に大きな期待が寄せられている。そうしたなか、NIIの「医療ビッグデータ研究センター(Research Center for Medical Bigdata :RCMB)」は日本医学放射線学会とともに、収集したCT画像を用いてCOVID-19肺炎の診断支援AI(人工知能)の開発を進めてきた。その成果とRCMBの取り組み、医療支援AIの可能性などについて、日本医学放射線学会の青木茂樹理事長とRCMBの佐藤真一センター長に聞いた。

続きを読む

Interview

世界中のCOVID-19情報が俯瞰できるサイトを構築

自然言語処理研究者たちによるコラボレーション

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、自然言語処理の研究者たちが各自の専門性を活かしてCOVID-19に関する世界中のさまざまな情報を集約し、日本語で提示するサイトを短期間で構築した。このコラボレーションはどのように進められたのか。プロジェクトから得られたものは何か。プロジェクトの開始時から参加しているNIIの相澤彰子教授に聞いた。

続きを読む

Other

Withコロナ時代のオープンコラボレーションによる研究

続きを読む

Interview

「SNSによるデマ拡散」問題の本質とは

「疑うタイミング」の創出が重要に

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界的に問題視されたものの 1 つに「SNS(ソーシャルメディア)を通じたデマの拡散」がある(図1)。日本でもトイレットペーパー不足を招いたとされるなど、社会的に注目を集めた。この状況をどう認識、理解すべきなのか。「SNSとデマ」をめぐる問題の本質について、東京大学の鳥海不二夫准教授に聞いた。

続きを読む

Interview

ビッグデータ解析でコロナ社会の課題解決を

外出自粛率や人の接触頻度を「見える化」する

情報学や物理学で培ったビッグデータ解析や大規模シミュレーションの知見を活かして、経済や社会の課題解決に挑むNIIの水野貴之准教授。「計算社会科学」が専門のデータサイエンティストとして、携帯電話キャリアや全地球測位システム(GPS)などのビッグデータを解析し、新型コロナウイルス感染症対策に役立てるべく、積極的に情報発信をしている。さらに、AI(人工知能)を使って、時々刻々と変わる感染状況や、国によって異なる感染の広がりを捉えようと奮闘中だ。

続きを読む

Essay

教育が変わる時

続きを読む

NII Todayとは?

いまや社会を支える基盤になっている「情報学」という新しい学術分野の研究が、「私たちが生活する社会をどう変え、未来の社内に、どのような新しい価値を生み出してくれるのか」を、広く一般の読者にわかりやすくお伝えすることを目的に「NII Today」を発行しています。

BACK NUMBER

記事をもっと見る