NIIについて / About NII

NII Today

第79号/2018年3月発行

ITによる新しい医療支援
「医療ビッグデータ研究センター」始動

・医療ビッグデータ研究センターがめざすもの
・AIによる画像認識を内視鏡診断に生かす
・医療の発展に貢献する画像解析の力
・医療画像ビッグデータクラウド基盤とは

PDFダウンロード

CONTENTS

NII Interview:
医療ビッグデータ研究センターがめざすもの
医療画像データの収集と解析で日本の医療を支援する

医療ビッグデータの活用に社会の注目が集まっています。NIIは2017年11月、国内の医学系学会の画像情報を集めて解析を進める「医療ビッグデータ研究センター」を設立しました。その目的は、ネットワークやクラウド、セキュリティ、人工知能(AI)などの最先端情報技術を活用して、医療分野の課題解決を促すことです。センター設立の狙いと今後の展望について、喜連川優所長に聞きました。

  • 喜連川 優[国立情報学研究所 所長]
  • 聞き手:館林 牧子 氏[読売新聞社 医療部編集委員]

NII79_01.png

AIによる画像認識を内視鏡診断に生かす 医療ビッグデータの社会還元をめざして

日本消化器内視鏡学会では、2016年度からNIIとともに、日本医療研究開発機構(AMED)の採択課題「全国消化器内視鏡診療データベースと内視鏡画像融合による新たな統合型データベース構築に関する研究」に取り組んできました。学会がこのようなプロジェクト研究を行う意義、これまでの成果、今後の展望を同学会の田中聖人氏に聞きました。

  • 田中 聖人 氏[日本消化器内視鏡学会 理事長特別補佐/京都第二赤十字病院 消化器内科副部長・医療情報室長]

NII79_02.png

医療の発展に貢献する画像解析の力 画像診断・検査の分野で医師をサポート

AIのコア技術である深層学習と画像認識を活用して医療画像解析技術の開発をめざす「医療ビッグデータ研究センター」が動き始めています。現在、四つの医学系学会との共同研究プロジェクトが進行していますが、どのような研究に取り組み、どのような課題が見えてきたのでしょうか。また、将来はどのような活用が期待されるのでしょうか。画像解析のエキスパートとして研究を支える、佐藤真一センター長と原田達也副センター長が語り合いました。

  • 原田 達也 氏[医療ビッグデータ研究センター 副センター長/東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授/国立情報学研究所 客員教授/理化学研究所 革新知能統合研究センター 医用機械知能チーム チームリーダー]
  • 佐藤 真一[医療ビッグデータ研究センター長/国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 教授/東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授/総合研究大学院大学 複合科学研究科 客員教授]

NII79_03.png

医療画像ビッグデータクラウド基盤とは 高いセキュリティと高速性で医療画像解析を支える

医療画像解析技術の研究開発プロジェクトを支えるプラットフォームとして、NIIは「医療画像ビッグデータクラウド基盤」を構築しました。機密性が求められる医療画像を安全に集め、研究者が大量データをクラウド上でスムーズに解析できるようにするために、どのような技術や機能が組み込まれているのでしょうか。構築を担当したクラウド基盤研究開発センター長の合田憲人教授に聞きました。

  • 合田 憲人[国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 教授/クラウド基盤研究開発センター長/総合研究大学院大学 複合科学研究科 教授]

NII79_04.png

Commentary:医療分野の重要課題に取り組む 「医療ビッグデータ研究センター」

NII79_05.png

エッセイ:異なる學問ノススメ
  • 佐藤 健[国立情報学研究所情報学プリンシプル研究系 教授]

NII79_06.png

PDFダウンロード

NII Todayは無料で冊子PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

第79号「ITによる新しい医療支援 「医療ビッグデータ研究センター」始動」

バックナンバー

NII Todayバックナンバー

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

注目コンテンツ / SPECIAL