NIIについて / About NII

NII Today

第84号/2019年6月発行

コンピュータビジョン研究の最前線
見えないものを捉える"機械の目"

・光をデザインして、見たい世界を覗く
・人はなぜ見える、なぜ認識できる数理モデルを設計、追究していく
・人間の目では見えないものを機械の目であぶり出す
・高精度な3次元復元技術の実用化をめざす

PDFダウンロード

CONTENTS
光をデザインして、見たい世界を覗く - NII Interview

人間の目には見えないものを画像から解析したり、バーチャル空間に現実の世界を再現したり するコンピュータビジョンの技術は、デジタルカメラの顔認識や映画のコンピュータグラ フィックス(CG)、3D地図などで身近な存在です。最近は機械学習による人工知能(AI)を使い、応用範囲を品質検査や医療診断などへ広げつつある。コンピュータの賢い目は私たちの生 活をどのように変えるのか。研究の最前線を担うNII の佐藤いまり教授に聞きました。

  • 佐藤いまり 国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 教授/総合研究大学院大学 複合科学研究科 教授
  • 聞き手:滝田恭子 氏 読売新聞東京本社 編集局次長

インタビュー本文を読む

人はなぜ見える、なぜ認識できる 数理モデルを設計、追究していく - Interview

描きたい光景を説明する文章を入力すれば機械(コンピュータ)が絵を出力。画像に隠されている人間が判別しにくいカモフラージュ物体を機械が見つけ出す。NII の杉本晃宏教授が取り組む研究はどれも楽しいものです。研究の動機は一貫しています。「ものを見るということはどういうことか。なぜ人は見たものが何かを判別できるのか?」。この疑問を解くために、人が認識する仕組みを推測し、数理モデルを設計、機械で動かし、検証を繰り返しています。

  • 杉本晃宏 国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 教授/総合研究大学院大学 複合科学研究科情報学専攻 教授

インタビュー本文を読む

人間の目では見えないものを 機械の目であぶり出す

近年、画像認識技術が急速な進化を遂げ、またAIの世界における機械学習や深層学習(ディープラーニング)という言葉が一般にも広く浸透してきたことを受け、コンピュータビジョン(機械の目)での情報センシング技術に対する関心が産業界からも高まっています。そして人々にとってもっとも汎用的な"機械の目" であるシリコンカメラの精度をソフトウエアによってさらに高めようと研究しているのがNIIの鄭銀強准教授です。現在の"機械の目"では何が見えるのか、そして今後どう発展していくのか。鄭准教授に聞きました。

  • 鄭 銀強 国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授/総合研究大学院大学 複合科学研究科 准教授

インタビュー本文を読む

高精度な3次元復元技術の実用化をめざす - Interview

人は網膜像から3次元の世界を脳内で構成し、奥行きを知覚します。それはどのような数学的モデルで表現できるのでしょうか。コンピュータビジョンの研究者であるNIIの池畑諭助教は、その点に興味を持ち、近年は陰影を用いて3次元復元を行う「フォトメトリックステレオ」と呼ばれる手法で3次元復元に挑んでいます。現在は深層学習(ディープラーニング)も用いていて、多様な分野での実用化もめざします。どんな可能性があるのかを聞きました。

  • 池畑 諭 国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 助教/総合研究大学院大学 複合科学研究科 助教

インタビュー本文を読む

「研究100連発」と研究への思い - Essay
  • 武田 英明 国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授総合研究大学院大学 複合科学研究科 教授

本文を読む

PDFダウンロード

NII Todayは無料で冊子PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

第84号「コンピュータビジョン研究の最前線 見えないものを捉える"機械の目"」

関連ページ
バックナンバー

NII Todayバックナンバー

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

entry3804

注目コンテンツ / SPECIAL