NIIについて / About NII

NII Today

第69号/2015年9月発行

仮想通貨の技術と課題

・黎明期にある仮想通貨をどう捉えるか
・実世界データ間の隠れた構造を探る
・仮想通貨に技術的跳躍をもたらしたブロックチェーン技術
・「ビザンチン将軍問題」とは何か

PDFダウンロード

CONTENTS
NII Interview: 黎明期にある仮想通貨をどう捉えるか

ビットコインに代表される「仮想通貨」が世界的に注目を集めています。しかし、技術的にも社会的にも解決すべき課題が残っています。不正送金の手段となり得ることや、一部、取引所の破綻などの問題もあり、肯定的に広く評価されているとは言いがたいです。一方で、仮想通貨に関する技術は一歩ずつ着実に進んでおり、今後さらに法制度の整備が進むと予想されることから、将来、大きな潮流になる可能性を秘めています。  なぜ、仮想通貨は注目されるのか。情報制度論の研究者として、1995年より電子マネーの研究に取り組み、既存の法体系ではカバーしきれない電子商取引などの研究を手掛けてきた岡田仁志准教授は、「仮想通貨を取り巻く環境は、1995年前後のインターネットの黎明期に似ている」と言います。岡田准教授に、仮想通貨の問題点と課題、それを支える技術や仕組みについて聞きました。

  • 岡田仁志[国立情報学研究所 情報社会相関研究系 准教授/総合研究大学院大学 複合科学研究科 准教授]
  • 聞き手:大河原克行氏[ジャーナリスト]
仮想通貨の代表であるビットコインの仕組み

本文を読む

仮想通貨に技術的跳躍をもたらしたブロックチェーン技術

通貨を電子情報としてネットワークで流通させるために、さまざまな技術やシステムが模索されてきました。その中でも、ビットコイン型の仮想通貨が研究者の関心を集める要因は、発行主体も管理者も持たずに健全性を保つ、巧みな仕組みと技術にあります。その取引の健全性を裏付けている「ブロックチェーン技術」とはどのようなものなのか。ブロックチェーン応用システムの研究に取り組む近畿大学の山﨑重一郎教授に、技術的観点から解説してもらいました。

  • 山﨑重一郎[近畿大学産業理工学部情報学科 教授]

本文を読む

「ビザンチン将軍問題」とは何か
  • 文/図=佐藤一郎[国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 教授]

本文を読む

金融と情報、そして仮想通貨 - Essay
  • 羽田昭裕[国立情報学研究所 客員教授/日本ユニシス株式会社 総合技術研究所長]

本文を読む

PDFダウンロード

NII Todayは無料で冊子PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

第69号「仮想通貨の技術と課題」

関連ページ
バックナンバー

NII Todayバックナンバー

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

entry2314

注目コンテンツ / SPECIAL