― 走り出した学術研究プラットフォーム ―
 2022年4月から「SINET6」が始動しました。国立情報学研究所は、ネットワーク基盤「SINET6」と研究データ基盤「NII RDC」を中核に、クラウド環境、認証を包含した『学術研究プラットフォーム』をご利用いただくことで、大学・研究機関における研究・教育活動のデジタルトランスフォーメーション(DX化)の基盤となることを目指しております。
 本イベントは、この学術研究プラットフォームを、皆様により深くご理解・ご活用頂くとともに、さらに発展させていくことを主眼として、各サービスに係る最新の状況についてご説明し、皆様との意見交換の場として毎年開催しているものです。以前はオンサイトで実施しておりましたが、昨年度に引き続き本年もオンラインでの開催とさせていただきます。

Day2 │ 5/31(火)

コンテンツトラック1

研究データ流通のベストプラクティスと学術基盤の役割

CiNii等を通じて流通する研究データ循環のベストプラクティスと、それを使ったり使おうとしている分野ごとの現況、さらに基盤や提供元へのリクエストなどの新たな機能について議論を交わし、学術基盤のあるべき姿を共有する。

※資料と講演動画につきましては講演後、公開可能範囲に絞って掲載予定です。

16:00-16:15

学術流通における検索・発見基盤の在り方

国立情報学研究所

大波 純一

16:15-16:30

人文学のデータはどのように使われうるのか?

国立歴史民俗博物館

後藤 真

16:30-16:45

人文学における学術情報の流通

国際日本文化研究センター

関野 樹

16:45-17:00

CiNiiによるニーズベースのOA

国立情報学研究所

河合 将志

17:00-17:15

議論

17:15-17:30

質疑