研究シーズ2016知能システム科学

人間とAIエージェントが協調するシステム

山田 誠二コンテンツ科学研究系 教授

研究分野知能情報学/人工知能/知的インタラクティブシステム/ヒューマンエージェントインタラクション

研究背景・目的

これまで人工知能AIを実装した様々なAIエージェントやデータマイニングシステムが研究開発されてきましたが、それらのシステムが人間の助けなく単独で実稼働するケースはそれほど多くはありません。例えば、機械学習を初めとする実際のAIアルゴリズムは、様々なパラメータ調整を必要とし、ユーザは現場で実稼働をしつつ、複雑なパラメータ調整を行う必要がある場合が多いからです。このような状況にも関わらず、これまでのAIエージェントやデータマイニングは、システム単独での利用を想定して研究されてきました。

このような背景から、我々は実際的な応用場面で役に立つ、人間と密に協調することを指向した人間-AIエージェント協調系の枠組みを開発しています。そして、その枠組みで必須となる要素技術である、人間とインタラクティブに問題解決を行うAI、GUIデザインの技術、人間の認知モデルを積極的に取り込んだ人間とAIエージェントのインタラクションデザイン技術を研究しています。応用領域は、オンラインショッピングにおける推薦エージェント、視覚的分析システム、意思決定における人間とAIの競合解消など多岐にわたります。

7-2_yamada_1.jpg

研究内容

人間とAIエージェントが協調するシステムの枠組みと要素技術の開発のために、我々の研究チームでは、以下の2つの研究を行っています。

7-2_yamada_2.jpg

産業応用の可能性

連絡先

山田 誠二[コンテンツ科学研究系 教授]
seiji[at]nii.ac.jp ※[at]を@に変換してください

Recommend

さらにみる