イベント情報
イベント情報
2008年(平成20年度)
第2回 SPARC Japan セミナー2008
「学術出版とXML対応-日本の課題」
日時・場所 平成20年6月24 日(火)13:30〜17:00
国立情報学研究所 20階ミーティングルーム
photo
 
 
概要

SPARC Japanでは昨年11月にXML出版に関する最初のセミナーを開催いたしましたが、今回さらに実際的な日本の学術論文出版の現状とXML作成の専門家からみた電子ジャーナル出版事業について学ぶ機会を設けました。

日ごろ論文誌発行にかかわるスタッフのみならず、リポジトリ構築に携わる方々やデータベースベンダーのスタッフなど、一次情報をハンドリングする際に必要不可欠となった書誌などのメタデータがどのように作成されているかを知る良い機会となりますので、この機会にご参集いただければ幸いです。

プログラム
司会: 林 和弘 (日本化学会)
時間
講演タイトル
講師
配布資料
映像
new
ドキュメント
13:30- 挨拶と概要説明

林 和弘

(日本化学会学術情報部課長・SPARC Japan運営委員)

 
video

(00:06:07)

 
13:50-

XMLの到達点と学術出版
- XMLの現状への雑感 -

福重 青史

(デジタルコミュニケーションズ代表取締役)

(1) (1.23M)pdf

(2) (469K)pdf

(3) (2.08M)pdf

(4) (1.21M)pdf

video

(01:11:12)

(1.82M)pdf
14:40- ―休憩―        
15:00-

事例紹介1 物理系ジャーナルの場合

太宰 達三

(物理系学術誌刊行センター刊行業務部部長)

(194K)pdf

video

(00:24:55)

(305K)pdf
15:40-

事例紹介2 化学系ジャーナルの場合-WordからXMLを作る試み-

林 和弘

(日本化学会学術情報部課長・SPARC Japan運営委員)

(260K)pdf

video

(00:46:13)

(846K)pdf
16:20- ディスカッション        
参加費
無料
参加申込

・氏名 ・所属 ・連絡先をご記入のうえ、【SPARCセミナー参加申込】と題して、電子メールまたはFAX にて下記宛にお申込ください。また、【受付票】を返送しますので、当日ご持参ください。

※ご連絡いただいた個人情報は、今後のセミナーのご案内と開催変 更等の緊急連絡に使用させていただきますのでご了承ください。


国立情報学研究所 学術基盤推進部学術コンテンツ課コンテンツチームSPARC担当
E-mail co_sparc_all@nii.ac.jp FAX 03-4212-2370

▲ページTOPへ戻る
最終更新日: 2008年06月25日