NII Today

 
 

第73号/2016年9月発行

CPS
実社会×ITがもたらす未来

  • 日本発のCPS基盤づくり目指す
  • 効率的な除排雪をCPSで実現
  • 建物内で群衆をセンシングする
  • 人間行動のセンシングで電力削減
  • 解説:CPSとは

CONTENTS

NII Interview:日本発のCPS基盤づくり目指す

国立情報学研究所(NII)は北海道大学、大阪大学、九州大学と共同で、文部科学省の国家課題対応型研究開発推進事業として始まった「社会システム・サービス最適化のためのサイバーフィジカルIT統合基盤の研究」に取り組んでいます。これは、サイバー空間と実世界(フィジカル)を融合することで、省エネや防災などさまざまな社会的課題を解決することを狙ったCPS(Cyber-Physical System)の研究です。研究代表者を務める安達淳副所長に、その成果と今後の展望について聞きました。

  • 安達淳[国立情報学研究所 副所長]
  • 聞き手:関口和一氏[日本経済新聞社 編集委員]
NII Interview:日本発のCPS基盤づくり目指す

北海道大学:効率的な除排雪をCPSで実現

北海道大学は札幌市における除排雪の効率化や最適化にCPS基盤技術を生かし、その有効性を検証するプロジェクトに取り組んでいます。田中譲特任教授は、研究の狙いやデータ収集に伴う苦労を振り返るとともに、より高度な分析への取り組みなど今後の開発の方向性を語りました。

  • 田中譲[北海道大学大学院情報科学研究科 特任教授/国立情報学研究所 客員教授]
北海道大学:効率的な除排雪をCPSで実現

大阪大学:建物内で群衆をセンシングする

大阪大学が手掛けるプロジェクト「人間中心のエネルギー利用効率化」は、人の活動をセンシングすることで、ビルや商業施設のエネルギー利用の効率化やサービスの改善につなげる試みです。東野輝夫教授は、「群衆センシング」が可能になればエネルギーの効率化だけでなく、避難誘導などの災害対策にもつながる、と話します。

  • 東野輝夫[大阪大学大学院情報科学研究科 教授/国立情報学研究所 客員教授]
解説:大阪大学:建物内で群衆をセンシングする

九州大学:人間行動のセンシングで電力削減

九州大学では、コンピュータービジョンを専門とする谷口倫一郎教授の研究室に在籍する二十数人の学生らを対象に、人間の行動をモニタリングするプロジェクトを実施しています。各種センサーで把握した人間の行動様式に基づいて個人の電力消費量を算出し、そのデータから電力を節約する効率的な方法を探る試みです。谷口教授は、人間行動センシングはさまざまな業態に応用できる可能性があると考えています。

  • 谷口倫一郎[九州大学大学院システム情報科学研究院 教授/国立情報学研究所 客員教授]
九州大学:人間行動のセンシングで電力削減

解説:CPSとは

CPSの基本要素は、実世界に対するセンシング(データ)とコンピューティング(計算、意味理解)、それに基づくアクチュエーション(制御、フィードバック)であり、実世界(人、モノ、環境)とICTが密に結合・協働する相互連関の仕組みとしてCPSを定義することができます。今後、交通システム分野やヘルスケア分野、エネルギー分野など、さまざまな世界での応用が期待されるCPSについて解説します。

  • 今井和雄[国立情報学研究所 研究戦略室 特任教授]
title

NIIの人々:「人はなぜ設計をするのか」 その答えは人工知能にあり

研究から事業まで幅広い分野で活躍するバラエティーに富んだNIIの人々を、プログラミングができるタレントで「Rubyの女神」と呼ばれる池澤あやかさんが紹介するシリーズの第2回。情報学プリンシプル研究系の武田英明教授が登場し、ユニークな‟猫耳&白衣姿”の秘密と人工知能がもたらす未来などについて語りました。

  • 武田英明[情報学プリンシプル研究系 教授]
  • 聞き手:池澤あやか[タレント/エンジニア]
NIIの人々:「人はなぜ設計をするのか」 その答えは人工知能にあり

エッセイ:CPSが支えるサイバーフィジカル空間

  • 徳田英幸[慶應義塾大学環境情報学部 教授]

PDFダウンロード

NII Todayは無料で冊子PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

バックナンバー

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp 
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。