Go To...

NACSIS-ILL Home

新システム

目録情報課

NII Home

ILLシステムニュース(No.77, 1999.9.17)

前回のニュース(No.76;1999.9.2)



◎メインシステムの機種更新に伴うサービス休止
 
 メインシステムの機種更新に伴い,年末年始にかけて,目録所在情報サービ ス(NACSIS-CAT/ILL)を以下のとおり休止させていただきます。

 平成11年12月17日(金) 20:00  サービス休止
 平成12年 1月 7日(金)  9:00  サービス再開

 御迷惑をおかけしますが,御了承ください。
 なお,Webcatについては,平成11年12月28日(火) 12:00 に年内のサービス を終了します。サービス再開は,平成12年 1月 7日(金) 9:00 となります。

先頭へ



◎N1ネットワーク経由での接続の廃止
 
 平成11年12月17日(金) 20:00(平成11年の最終サービス日)をもって,N1 ネットワーク経由での目録所在情報サービスへの接続を廃止いたします。
 N1ネットワークの廃止については,学術情報センターニュース No.43 の 記事「学術情報センターにおけるサービスシステムのオープンシステムへの移 行計画」や新CAT/ILLシステム説明会などで皆様にお知らせしたとおり,N1 ネットワークの2000年問題により,運用の継続が不可能となったためです。何 卒,御了承くださいますよう,お願いいたします。
 なお,本件に関するお問い合わせは,システム管理課システム業務係
にお願いいたします。
先頭へ



◎新IRシステムの試験公開について
 
 平成12年1月(予定)からの新情報検索システム(新IRシステム)の本サー ビス開始に向け,新IRシステムの試験公開を以下の日程で実施します。
 この試験公開において,新情報検索システムからのREQUESTおよびCHECKREQ コマンドの試験利用を行います。
 新IRシステムからREQUESTされたレコードは教育用システムに作成されます が,ILLシステム上での実際の処理は必要ありませんので,御了解の程よろし くお願いします(作成されたレコードは毎週金曜18時に自動的に消去されます)。
 利用者の方には,REQUESTを行っても実際には依頼されない旨の表示を行っ ております。
 また,新IRシステム試験公開でのREQUEST利用承認については,平成11年8 月20日現在の権限チェック用テーブルによっております。試験公開用のデータ ですので,IRLINKでは新IRシステム試験公開の環境は変更できません。
 なお,今回の新IR試験公開の概要は以下の通りです。
 1.試験公開期間及び利用時間
    試験公開期間:平成11年9月1日(水) 〜 平成11年10月8日(金)
    利用時間: 月〜金 9:00〜翌2:00
            土   9:00〜14:00
 2.データベースの種類及び収録範囲等
    試験公開用データベースは下記の8種類
    ・学会発表データベース(GAKKAI)
    ・目録所在情報データベース(雑誌)(SCAT)
    ・雑誌記事索引データベース(NDLJPI/ZASSAKU)
    ・Science Citation Index Expanded (SCI) 1999年分
    ・Social Sciences Citation Index (SSCI) 1999年分
    ・A&H Search(AHCI) 1999年分
    ・ISTP 1999年分
    ・家政学文献索引データベース(KASEI)
 3.利用料金
    試験公開については無料
 4.利用資格
    現在,NACSIS-IRを利用登録しているユーザ
  更に詳しい情報は,
「新IRの試験公開について」 をご覧ください。
 お問い合わせ先:データベース課データベース管理係
 (TEL:03-3942-6973/6974 e-mail:testir@op.nacsis.ac.jp)

先頭へ



ILLシステムでのRECONファイルの利用
 
 平成11年8月27日(金)から,ILLシステムでRECONファイルの検索が可能と なりました。  RECONファイルを利用する場合は,図書書誌検索画面の検索対象ファイル名に, 「REC」(従来のILLシステム),または「RECON」(新ILLシステム)を指定して ください。
 RECONファイルについて,及び利用する上での注意点は,平成11年9月発行 予定のオンライン・システムニュースレターNo.68を参照してください。
先頭へ



◎国立大学等図書館間の複写経費データ処理の実施(平成11年度上半期分)

 ILLシステムで処理された国立大学等間の文献複写レコードで,平成11年9 月30日(木)の業務終了時点の状態が「確認」のものについて,複写データ処 理センターに複写経費データを渡します。
先頭へ



◎「文献複写・現物貸借料金相殺のためのNACSIS-ILLユーザ会」加盟館間の 経費データ処理の実施(平成11年度上半期分)
 
 「文献複写・現物貸借料金相殺のためのNACSIS-ILLユーザ会」加盟館間の データについて,平成11年9月30日(木)の業務終了時点の状態が「確認」お よび「返却確認」のものを対象に精算・帳表の作成を行い,幹事館に送付し ます。
先頭へ



◎バックファイルへのデータ移行
 
  10月15日(金)の業務終了後,平成11年3月31日以前に最終状態(確認・返却 確認・CANCEL)となったレコードをバックファイルに移行し,同時に,バッ クファイルのレコードのうち,平成9年3月31日以前に最終状態となったレコ ードを,バックファイルから削除します。  これに伴い,平成9年3月31日以前に最終状態となったレコードはILLシス テム上では表示できなくなります。また,ユーティリティ上の統計からも除 かれます。
先頭へ