事業について
事業について
NACSIS-ILL関連情報
ILL料金相殺情報
ILL文献複写等料金相殺サービスの相殺対象レコードは?
》ILL料金相殺サービスの利用を中止した場合の相殺対象レコードは?
》相殺対象と思われるレコードが月次データに含まれていないときは?
》残高確認書出力依頼 》四半期ごとの相殺処理対象となるのは?

ILL文献複写等料金相殺サービスの相殺対象レコードは?
以下の条件を満たすILLレコードが,相殺対象となります。
依頼館・受付館ともにILL料金相殺サービス利用機関
ILLレコードの受付日(ADATE)が,依頼館・受付館ともに利用開始日以降


  料金相殺サービス利用開始日
 依頼館   2004年4月1日
 受付館   2004年5月1日

 上記の二館の間では,受付日が5月1日以降のレコードが対象
 4月中に受け付けたレコードは対象外
状態が「確認」もしくは「返却確認」
合計金額(SUM)が1円以上
月次明細データの収録対象となるレコードは,上記項目をすべて満たし,対象月末日時点で状態が「確認」(文献複写),または「返却確認」(現物貸借)となっているレコード( 取引完了日[更新日付(RNWDT)]が対象月内 )
ILL料金相殺サービスの利用を中止した場合の相殺対象レコードは?
ILL料金相殺サービスを中止する前に,状態が「確認」または「返却確認」となったレコードは相殺対象となります。
受付日がILL料金相殺サービスに加入中であっても,サービスの利用中止後に状態が「確認」または「返却確認」となったレコードは,相殺の対象外です。




: 2005年1月からILL料金相殺サービス利用中止する機関
相殺対象レコード例
※ ILL料金相殺サービス利用中止日の1ヶ月後まで,個別データダウンロード ページにログインが可能です。
相殺対象と思われるレコードが月次データに含まれていないときは?
相手館はILL文献複写等料金相殺サービスに参加していますか?
受付日(ADATE)が,依頼館・受付館ともに料金相殺サービス利用開始日以降のレコードですか?
月次データ対象月の末日までにレコードの状態が「確認」または「返却確認」になっていますか?
合計金額(SUM)は1円以上ですか?

上記の項目をご確認の上,不明な点がありましたら E-mail にてお問合せ下さい 。
お問合せの際は,必ずILLレコードID(LA〜で始まるID)をお伝え下さい。
お問合せ先
国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術コンテンツ課 NACSIS-ILL担当
E-mail: illadm@nii.ac.jp
四半期ごとの相殺処理対象となるのは?
    期間 相殺日
 第1四半期  4月1日〜6月30日 6月30日
 第2四半期  7月1日〜9月30日 9月30日
 第3四半期  10月1日〜12月31日 12月31日
 第4四半期  1月1日〜3月31日 3月31日

第1四半期の対象となるのは,4月1日から6月末日に状態が「確認」または「返却確認」となっているレコードです。ただし,4月から相殺サービスに加入した参加館の場合には、受付日(ADATE)が4月以前のレコードは対象外となりますのでご注意ください。
各利用機関毎の月次明細データ・月次仕訳データは,個別データダウンロードからダウンロードできます。
最終更新日: 2016年04月01日