事業について
事業について
NACSIS-ILL関連情報
ILL料金相殺情報:個別データの表示例(Microsoft Excel)
個別データはカンマ区切り形式のCSVファイルで提供され,各機関でご自由にお使いいただけます。
表計算ソフト,データベースソフトなどで個別データを開くことができますが,ここでは表計算ソフト( Microsoft Excel )で月次明細データを表示させる方法を簡単にご説明します。
1.3-2.料金相殺レポート(月次個別データ)の確認 へアクセスし,機関番号とパスワードを入力する。

  ※ 「機関番号」「パスワード」は利用承認書に記載されています。機関番号は先頭の "ILL" を含めて入力してください。
  ※ パスワード入力の際は,"1"(数字)と "l"(アルファベット L の小文字),"0"(数字)と "O"(アルファベット O の大文字)にご注意ください。
  ※利用中止機関は,中止後1ヶ月以内は月次個別データのページにアクセスできます。


2.該当月の月次明細データをダウンロードする。

3.データはzip形式で圧縮されているので,解凍ツールを使って解凍する。

4.Excelを起動させてメニューバー「データ」の「外部データの取り込み テキストファイル」をクリックし,「ファイルの種類」で「テキストファイル」を選択したあと,解凍した月次明細データ(meisaiyyyymm.csv)を開く。

※ 以下の方法では解凍したファイルを開かないでください。自動読み込みにより,データが正しく読み込まれないことがあります。


  • Excelへのドラッグ & ドロップ
  • ファイルのアイコンを右クリックしてプログラムから開く
        など


5.テキストファイルウィザードが起動する。

  1. 「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」,文字コード「932:Japanese(shift-JIS)」を選択して「次へ(N)」をクリックする。

  2. 「区切り文字」は「カンマ」を選択する。

  3. 「データのプレビュー」に表示されているすべての列を選択し,「列のデータ形式」を「G/標準」からすべて「文字列」にする。
    ※ データの内容に応じて,一列ずつ個別に「標準」「文字列」「日付」を選択することもできます

  4. データを表示するセルを指定する

6.OKをクリックすると,読み込んだデータが開く。
最終更新日: 2016年04月01日