事業について
事業について
2020年以降の目録所在情報システム(CAT2020)

 大学図書館と国立情報学研究所との連携・協力推進会議これからの学術情報システム構築検討委員会(以下、本委員会)では、「NACSIS-CAT検討作業部会」を設置し、NACSIS-CAT/ILLの再構築に関する検討を続けてまいりました。

 国立情報学研究所は、本委員会において2018年10月19日付けで承認されました、「NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(最終まとめ)」の内容に従い、2020年度に予定されているCAT2020の運用開始に向けて、NACSIS-CAT/ILLシステムの改修及び各種マニュアル・文書の改訂を実施いたします。

NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(最終まとめ) 2018年10月19日
2020年以降の目録所在情報システム(CAT2020)テスト運用について 2018年10月24日

》これからの学術情報システム構築検討委員会での検討
》各種マニュアル・文書の改訂
》クライアント作成のための技術資料
》テスト運用
》本件お問合せ先
これからの学術情報システム構築検討委員会での検討

本委員会における、これまでの検討の経緯については、以下に公開されている関連文書をご参照ください。

各種マニュアル・文書の改訂

CAT2020の運用に関わる各種マニュアル・文書については、改訂作業が完了したものから順次公開いたします。

目録情報の基準 第5版(2019年度第2四半期公開予定)
コーディングマニュアル(2019年度第2四半期公開予定)
NACSIS-CAT/ILL関連マニュアル(2019年度以降順次改訂予定)
セルフラーニング教材(2019年度第1四半期公開予定)*1

*1 セルフラーニング教材については、CAT2020の運用開始に伴う従来との変更点をまとめた補足教材を作成する予定です。

クライアント作成のための技術資料

CAT2020に対応するクライアント作成のための技術資料のうち、「ガイドライン」については、2019年3月15日に公開いたしました。

テスト運用

CAT2020のテスト運用については、以下のWebページをご参照ください。

本件お問合せ先

CAT2020全般に関わるお問合せは以下までお寄せください。テスト運用開始後は、別途問合せ窓口を設置いたします。

大学図書館と国立情報学研究所との連携・協力推進会議
これからの学術情報システム構築検討委員会事務局
 メールアドレス:co_korekara[at]nii.ac.jp

▲ページTOPへ戻る

最終更新日: 2019年3月15日