目録情報の基準 第5版 (案)

このマニュアルは、CAT2020に対応した『目録情報の基準 第5版』の案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ] 4.4 著者標目形の管理
[次ページ] 4.6 流用入力

4.5 統一タイトル標目形の管理

 統一書名典拠コントロールのために,UTLフィールドを使用する。

 目録作業時には,記述対象資料の統一タイトル標目に対応する統一書名典拠データを作成し,統一書名リンクを形成することができる。

 ただし,対応する統一書名典拠データが既に作成されている場合は,リンク形成のみを行う。

 リンク形成を行うと,UTLフィールドには,リンク先統一書名典拠データのデータIDが表示される他,さらにリンク先統一書名典拠データの統一標目形が表示される。これによって,統一タイトル標目の形が統一されることになる。

 リンク形成を行わない場合,本基準9の条項に従いつつ,UTLフィールドに統一タイトル標目形を記録する。

  UTLフィールドには,必要に応じて,聖典の言語等を記録する。

 また,基本記入の標目であることを示す主記入フラグ「*」を記録することもできる。

  UTLフィールドは,複数存在しうる。


[ページの先頭]