目録システムコーディングマニュアル(案)

このマニュアルは、CAT2020に対応したコーディングマニュアルの案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ]9.3.4 DATE
[次ページ]9.4.2 SAF

9.4.1 SF

9.4.1A 〔形式〕

SF 入力レベル 属性 フィールド長 繰り返し数
(Group Field)
から見よ参照形
選択 可変長    32
   統一標目形フラグ (選択) (固定長) (1バイト) (1)
名称 (必須1) (可変長) (254バイト)
付記事項 (必須2) (可変長)
名称のヨミ (必須2) (可変長) (254バイト) (1)
名称のその他のヨミ (必須2) (可変長) (254バイト) (2)

9.4.1B 〔記述文法〕

記述文法については、「付録6.5 著者名典拠データの記述文法」を参照のこと。

9.4.1C 〔フィールド内容とデータ要素〕

 フィールド内容については、8.4.1 SF(著者名典拠データ(日本名:個人名))の同項目の規定を適用する。

 SFフィールドのデータ要素は、参照形、又は、使用しなかった目録規則に基づく標目形である。

 参照形には、字体の相違による別形、ヨミの相違若しくは分かち書きのゆれによる別形、「主標目.副標目」形による別形等がある。

 なお、参照標目形のその他のヨミについては、本項では取り扱わない。関連する各コーディングマニュアル等を参照のこと。

9.4.1D 〔データ記入及び記入例〕

D1(字体の相違による別形の記入)

 新字体と旧字体、正字体と俗字体等のような字体の差異によって、複数の表記形が存在する場合は、標目としてHDNGフィールドに採用しなかった字体による形をSFフィールドに記録することができる。
 漢字形に対して、ローマ字翻字形その他の翻字形が存在する場合は、その翻字形をSFフィールドに記録することができる。

HDNG:日本経営学会||ニホン ケイエイ ガッカイ
SF:日本經營學會||ニホン ケイエイ ガッカイ
HDNG:鐵鋼聯盟調査部||テッコウ レンメイ チョウサブ
SF:鉄鋼連盟調査部||テッコウ レンメイ チョウサブ

D2 (ヨミの相違若しくはヨミの分かち書きのゆれによる別形の記入)

 ある名称に対して、統一標目に採用したヨミとは異なるヨミが存在する場合、また、分かち書きのゆれが考えられる場合は、HDNGフィールドに記録しなかったヨミをSFフィールドに記録することができる。

HDNG:日本法中毒学会||ニホン ホウ チュウドク ガッカイ
SF:日本法中毒学会||ニホン ホウチュウドク ガッカイ

D3 (主標目形.副標目形の形の記入)

 日本名著者名典拠データでは、いわゆる「主標目. 副標目」形は統一標目形として採用しない。
 この形が必要な場合、これをSFフィールドに記録することができる。

HDNG:経済企画庁総合計画局||ケイザイ キカクチョウ ソウゴウ ケイカクキョク
SF:経済企画庁. 総合計画局||ケイザイ キカクチョウ. ソウゴウ ケイカクキョク
HDNG:北海道大学スラブ研究センター||ホッカイドウ ダイガク スラブ ケンキュウ センター
SF:北海道大学. スラブ研究センター||ホッカイドウ ダイガク. スラブ ケンキュウ センター

D4 (採用しなかった目録規則に基づく標目形)

 使用しなかった目録規則に基づく標目形を記録する必要がある場合は、先頭にアステリスク(*)を付してSFフィールドにこれを記録する。

HDNG:日本經濟聨盟會||ニホン ケイザイ レンメイカイ
SF:*Nihon Keizai Renmeikai

9.4.1E 〔フィールドの繰り返し〕

 記録する参照形が複数存在する場合は、必要なだけSFフィールドを繰り返して記録する。

9.4.1F 《注意事項》

F1

 異なるレベルへの「から見よ参照」は作成しない。

(誤)
HDNG:経済企画庁||ケイザイ キカクチョウ
SF:経済企画庁総合計画局||ケイザイ キカクチョウ ソウゴウ ケイカクキョク

F2

 ヨミだけが異なる場合でも、カナ形のみの「から見よ参照」は作成しない。

(誤)
HDNG:日本東洋医学会||ニホン トウヨウ イガッカイ
SF:ニホン トウヨウ イガクカイ

〔関連事項〕


[ページの先頭]