イベント情報
イベント情報
2017年(平成29年度)
 

第1回 SPARC Japan セミナー2017
「図書館員と研究者の新たな関係:研究データの管理と流通から考える」

日時

平成29年9月13日(水)13:00-17:20

logo
場所

国立情報学研究所  19階 1901-1903会議室

共催

研究データ利活用協議会

協力

オープンアクセスリポジトリ推進協会

イベントは終了しました。
多数のご参加ありがとうございました。
当日の発表資料は近日中に公開します。

更新記録

・Webアンケートの受付を終了しました。(2017/09/15)
・お申込み多数により会場の定員に達しましたため,参加申込受付を終了しました。(2017/08/28)
参加申込受付を開始しました。(2017/08/25)
講師紹介講演要旨を公開しフライヤーとプログラムを更新しました。(2017/08/25)
・ウェブページを公開しました。(2017/08/18)

arrow 概要
arrow プログラム
arrow 参加申込
arrow 講師紹介
arrow 講演要旨

アウトライン

【概要】

  日本における機関リポジトリは,公開されているものだけでその数700を超えており,世界でも類を見ないくらい大きな規模に成長してきた。こうした機関リポジトリは,主に大学の教育研究活動の成果である学術情報の収集・組織化・保存及び発信といった役割を担い,オープンアクセス推進の一翼を担ってきたが,更なる推進にあたっては,研究活動の過程で生み出される研究データについても同様の仕組みを構築する必要がある。

  折しも平成28年7月には,日本における機関リポジトリを振興・相互支援することを目的として,「オープンアクセスリポジトリ推進協会(Japan Consortium for Open Access Repository : JPCOAR)」が設立され,研究データを含む学術情報の管理・流通の発展が期待されるところである。オープンアクセスリポジトリを効果的に運用していくためには,図書館員にとってはこれまであまり触れる機会がなかった研究データを管理する方法やリポジトリを通した図書館による新たな研究者支援手段を理解する必要がある。また,研究者にとっては,研究データのオープン化が生み出す新たな価値を認識し,図書館員との連携によりリポジトリの積極的・自発的な活用を目指していく必要がある。

  以上の状況を踏まえて本セミナーでは,図書館員と研究者が,研究データをいかに管理・流通させていくかという視点を共有し,そこからもたらされる両者の新たな関係について考えてみたい。

【参加対象者】
研究者,図書館員,URA,学術出版職にある方々

▲ページTOPへ戻る
プログラム
司会: 能勢 正仁 (京都大学大学院理学研究科)

時間

内容

講師

13:00-13:10

開会挨拶/趣旨説明

能勢 正仁
(京都大学大学院理学研究科)

13:10-13:55

研究者にとってのデータの意味と大学におけるデータ管理への期待

[講演要旨]

倉田 敬子
(慶應義塾大学文学部)

13:55-14:40

学術リポジトリは研究者と図書館員を繋げるのか?

[講演要旨]

大澤 剛士
(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
農業環境変動研究センター)

14:40-15:00

休憩

15:00-15:45

研究データ管理の組織的支援と図書館の役割について

[講演要旨]

西薗 由依
(鹿児島大学/JPCOAR研究データTFメンバー)

15:45-16:30

新たな学術情報流通においてJPCOARスキーマが果たす役割

[講演要旨]

片岡 朋子
(お茶の水女子大学/JPCOARメタデータ普及TFメンバー)

16:30-16:40

研究データ利活用協議会(RDUF)紹介

[講演要旨]

武田 英明
(国立情報学研究所/研究データ利活用協議会)

16:40-17:10

全体議論

【モデレーター】
能勢 正仁
(京都大学大学院理学研究科) 

17:10-17:20:

閉会挨拶

安達 淳
(国立情報学研究所)

▲ページTOPへ戻る
参加費
無料
参加申込

会場定員に達しましたため,受付は終了いたしました。多数のお申込み誠にありがとうございました。
今回ご参加いただけなかった方は,当日の動画中継をご利用いただくともに,恐縮ですが終了後に当サイトで公開する資料等をご参照ください。


※申込後,キャンセルご希望の場合は下記へご連絡ください。
※ご連絡いただいた個人情報は,国立情報学研究所主催イベント等のご案内と開催変更等の緊急連絡に使用いたしますのでご了承ください。

申込期限: 平成29年9月11日(月)

定員: 60名

  •   動画中継を行う予定です。詳細は当日までに,Webサイトにてお知らせします。
     なお会場の通信環境によっては,中継中断の可能性もございますのでご了承ください。
  •   動画中継をご利用の場合はお申し込みの必要はございません。
  •   会場の都合により,申込期限の9/11(月)より前に受付を締め切る場合がございますのでご了承ください。
  •   締め切り後に参加ご希望の方は,恐縮ですが当日の動画中継をご利用いただくともに,終了後に当サイトで公開する資料等をご参照ください。

お問い合わせ先: 国立情報学研究所 学術基盤推進部学術コンテンツ課支援チーム SPARC担当
E-mail co_sparc_all@nii.ac.jp FAX 03-4212-2375

▲ページTOPへ戻る
講師紹介

◇倉田 敬子  (慶應義塾大学文学部)

1987年慶應義塾大学文学研究科博士課程修了。1988年慶應義塾大学文学部図書館・情報学科助手,1993年同助教授,2001年から文学部図書館・情報学専攻教授。専門は学術コミュニケーション,特に情報メディアのデジタル化,オープンアクセス,研究データに関心を持っている。著書に『学術情報流通とオープンアクセス』(勁草書房)など。2008年度日本図書館情報学会賞授賞,2010年科学技術への顕著な貢献2010(ナイスステップな研究者)選定。

◇大澤 剛士  (国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター)

(研)農研機構 農業環境変動研究センター 主任研究員。博士(理学)。専門は生物多様性情報学。生物の分布情報を中心に,環境科学にかかわるさまざまな情報のデータベース化および,それらを利用した研究に取り組んでいる。世界中の生物多様性に関する情報の収集およびオープン化を進める国際的取り組みGBIF(Global Biodiversity Information Facility)日本ノードJBIF運営委員。2017年日本生態学会宮地賞受賞。

◇西薗 由依  (鹿児島大学/JPCOAR研究データTFメンバー)

鹿児島大学附属図書館に勤務。2017年度オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)作業部会員(研究データタスクフォース)。

◇片岡 朋子  (お茶の水女子大学/JPCOARメタデータ普及TFメンバー)

2015年よりお茶の水女子大学図書・情報課に勤務。情報基盤担当として大学全体の事務システムの運用支援を担当。2016年よりJPCOARスキーマの策定に携わっている。

◇武田 英明  (国立情報学研究所/研究データ利活用協議会)

     http://www.nii.ac.jp/faculty/informatics/takeda_hideaki/

◇能勢 正仁  (京都大学大学院理学研究科)

1998年に京都大学理学研究科で博士(理学)取得後,米国ジョンズホプキンス大学でポストドクトラルフェローとして3年間研究を行う。2001年帰国,現職。専門は,超高層物理学,地球電磁気学。主な研究テーマは,地磁気変動・脈動,内部磁気圏の高エネルギー粒子ダイナミクス,サブストーム,地磁気指数など。最近は,科学データへデジタルオブジェクト識別子を付与する活動にも積極的に関わっている。

▲ページTOPへ戻る
講演要旨

◆研究者にとってのデータの意味と大学におけるデータ管理への期待

   (倉田 敬子)

研究データに対して研究者の持つ意識や行動は多様である。例えば,自分のデータだ,データだけ公開されても使えない,専門の研究者ならデータを見れば理解できる,など単純にデータ共有に積極的と消極的という二分法では理解できない。それは研究データが研究サイクルに埋め込まれたものであり,論文のように研究成果としての最終形が確定するわけではないからである。本発表では,研究者の意識の多様性とデータの特性について紹介した上で,大学でのデータの管理,保管に関する体制整備が進んでいない状況を報告し,大学等が目指すべき方向性を検討する。

◆学術リポジトリは研究者と図書館員を繋げるのか?

   (大澤 剛士)

言うまでもなく研究者の最も重要な職務は,研究成果を論文として公表することである。公表した論文が広く読まれ,科学の発展や社会的な課題の解決に貢献することは全ての研究者の望みである。この観点から,論文の流通を促進してくれる学術リポジトリの存在は,研究者にとって多くのメリットがある。その反面,研究以外の業務が増大している昨今,リポジトリ利用に際して新たな労力が発生することは避けたいというのも偽らざる本音である。研究者と図書館員が持続的な形で協同するためには,いずれかのみではなく,互いにとって利になる形を考えていく必要がある。本講演では,研究者の現状と研究成果の流通に求めること,さらには演者の個人的な考えに基づいた図書館員との連携の可能性について課題等の問題提起および進むべき方向性について議論を行いたい。

◆研究データ管理の組織的支援と図書館の役割について

   (西薗 由依)

オープンサイエンス推進や研究公正を主な背景として,研究プロセス全体を通した研究データの適切な管理への関心が高まっている。適切な研究データ管理を促進するには,研究者自身に加え,研究支援者が研究データ管理に関する知識やスキルを習得し,機関として研究者の支援を多方面で行っていく必要がある。JPCOAR研究データタスクフォースでは,研究データ管理に関する学習教材の開発に取り組んでいる。本発表では,この教材とその活用方法について紹介するとともに,これからの図書館員が担う役割の可能性について述べる。

◆新たな学術情報流通においてJPCOARスキーマが果たす役割

   (片岡 朋子)

近年,公的研究助成を受けた学術成果および関連する研究データの公開が助成団体や政府の方針として推進されている。公開された学術成果の発見や利活用を促進するためには,研究データ等の新たな学術資源や国際的な流通に対応した標準的なメタデータ交換フォーマットが必要となる。JPCOARではこうした社会的要請に対応するため,機関リポジトリのメタデータ交換フォーマットであるjunii2を改訂し,JPCOARスキーマを策定した。本発表では,新たな学術情報流通においてJPCOARスキーマが果たす役割について紹介する。

研究データ利活用協議会(RDUF)紹介

   (武田 英明)

研究データ利活用協議会(RDUF)は国内の研究データの共有や公開に関わる関係者の集まる場として,ジャパンリンクセンター(JaLC)を母体に発足したものである。ここでは,本協議会の活動の紹介と新たな取り組みである小委員会制度の説明を行う。小委員会は個別トピックスの議論の場として用意したもので,現在,企画を募集中である。

▲ページTOPへ戻る

最終更新日:2017年9月15日