ドキュメント
ドキュメント
システム情報
IRDBハーベストについて
》IRDBハーベスト概念図 》IRDBハーベスト対象IRの条件
》CiNii Articlesへのデータ連携を行うIRの条件 》CiNii Articlesへのデータ連携を行うメタデータの条件
》CiNii Dissertationsへのデータ連携を行うメタデータの条件 》国立国会図書館への博士論文本文自動提出機能の利用
》IRDBハーベスティング申請手順 》ハーベスト時のメタデータフォーマットチェック
》国立国会図書館へ提出するメタデータのフォーマットチェック 》JaLCへ提出するメタデータのフォーマットチェック
》CiNiiに連携されるデータ項目の対応について 》AIRwayへのデータ提供
》申請・問い合わせ先
IRDBハーベスト概念図
学術機関リポジトリデータベース(IRDB)は国立国会図書館が提供する書誌メタデータフォーマット:OAI-PMHに従って 日本のIRのメタデータを収集しています。 IRDBに登録されたメタデータは、JAIROIRDBコンテンツ分析システムで公開されます。 また、IRDBは以下に示すその他のシステムとの連携により、日本の学術情報流通のハブとしての機能も果たしています。
  1. CiNii ArticlesとIRのデータ連携(CiNii連携希望申請のあるIRのみ)
  2. CiNii DissertationsとIRのデータ連携
  3. 国立国会図書館へ博士論文本文の提出(平成25年4月1日以降学位授与の本文あり博士論文)
  4. 北海道大学AIRwayプロジェクトとの連携
irdb概念図
▲ページTOPへ戻る
IRDBハーベスト対象IRの条件

IRDBハーベスタはIRが提供するリクエストURIを用いてハーベスティングを行います。 IRが提供するリクエストURIは以下のフォーマットに従う必要があります。

[baseURL]?verb=ListRecords&metadataPrefix=junii2&from=[前回取得日付:yyyy-mm-dd]&until=[今回取得日付:yyyy-mm-dd]

また、リクエス・gURIから提供されるメタデータは下記の条件をすべて満たす必要があります。

  1. ハーベスト対象データがOAI-PMHの仕様に準拠している
  2. ハーベスト対象データがjunii2 をサポートしている
ハーベストされたメタデータは、OAI-PMH:baseURLまたはOAI-PMH:SetSpecを基準として同定されIRDBに登録されます。 IRDBに同一のURIを持つメタデータが登録済み場合は上書きを行います。

▲ページTOPへ戻る
CiNii Articlesへのデータ連携を行うIRの条件
CiNii Articlesと連携するIRはハーベスト対象IRの条件に加え、以下の条件全てを満たす必要があります。
  1. URIが不変
    • アイテムのURIに変更があると同定が行えず、 IRDB(JAIRO、CiNii)に同じアイテムを示すメタデータが複数登録されてしまいます。
  2. 週次でのハーベスティングに対応可能
なお、CiNiiへとデータ連携しているIRについての全件再ハーベストは、 CiNiiでの同定処理に大きなコストがかかるためお受けできません。 その他CiNiiとのデータ連携に際しての留意事項についてはFAQもご参照ください。

▲ページTOPへ戻る
CiNii Articlesへのデータ連携を行うメタデータの条件
ハーベストされたメタデータのうち、 以下の条件のすべてを満たすものを対象としたCiNii Articlesとのデータ連携を毎週水曜日に行います。※反映までは約1週間要します。
  1. CiNii Articlesへの連携対象のIRからハーベストされたメタデータである
  2. NIItypeがJournal Article、Departmental Bulletin Paper、Articleのいずれかである
  3. fullTextURLに値が設定されている
また、CiNii Articlesにデータ連携を行ったメタデータについて以下のパターンの更新を行った場合は、CiNii Articlesへの更新情報の伝達が行われません。
  1. NIItypeを論文系から非論文系に変更
  2. fullTextURLの値を削除
  3. 削除履歴を残さないアイテムの削除
    • 削除履歴が残されていない場合、 IRDBにアイテムが削除されたという情報が伝達されません。 CiNiiへのデータ連携を行なっているデータを削除する際には OAI-PMH2.0のレコードの削除について3つのサポート基準のうち「transient」もしくは「persistent」をサポートすることによって、削除履歴を残すようにしてください。
      • no:削除履歴を保持しない
      • persistent:削除履歴を永続的に保持
      • transient:削除履歴を保持するが永続性は保証しない
    • アイテムの削除手順(DSpaceの例)
    上記のような更新を希望される場合は、NII担当までご一報ください。
▲ページTOPへ戻る
CiNii Dissertationsへのデータ連携を行うメタデータの条件
ハーベストされたメタデータのうち、 以下の条件のすべてを満たすものを対象としたCiNii Dissertationsとのデータ連携を月次で行います。
  1. NIItypeがThesis or Dissertationである
CiNii Dissertationsへの更新情報の伝達が行われないパターンはCiNii Articlesの場合と同様です。
▲ページTOPへ戻る
国立国会図書館への博士論文本文自動提出機能の利用
ハーベストされたメタデータのうち、textversionの値がETDかつgrantdateが2013-04-01以降のアイテムは、 国立国会図書館への提出が行われます。 これは、平成25年4月1日学位規則の改正にともなった、 学位授与機関からの国立国会図書館への博士論文本文の提出手段として機能します。

参考 : 国内博士論文本文の収集について(国立国会図書館)
▲ページTOPへ戻る
IRDBハーベスティング申請手順
メタデータのハーベスティングを希望される機関は、「ハーベストについて」の案内に従って申請を行ってください。
▲ページTOPへ戻る
ハーベスト時のメタデータフォーマットチェック
ハーベスト実施に際しては、以下の表に従ってメタデータのフォーマットチェックを行っています。 チェックの結果にエラーが存在するデータのハーベストを行いません。 チェックの結果は、メールでお伝えしますので随時確認するようにしてください。

項番 項目 element 項目有無 データ有無 繰返し回数 データ内容
1 タイトル title No ELEMNENT No ELEMNENT-DATA Over ELEMNENT NUM -
20 国立情報学研究所 メタデータ主題語彙集(資源タイプ) NIItype No ELEMNENT No ELEMNENT-DATA Over ELEMNENT NUM NIItype ERR
23 資源識別子URI URI No ELEMNENT No ELEMNENT-DATA Over ELEMNENT NUM -
25 JalcDOI selfDOI - - Over ELEMNENT NUM doitype ERR
29 雑誌名 jtitle - - Over ELEMNENT NUM -
30 volume - - Over ELEMNENT NUM -
31 issue - - Over ELEMNENT NUM -
32 開始ページ spage - - Over ELEMNENT NUM -
33 終了ページ epage - - Over ELEMNENT NUM -
34 刊行年月 dateofissued - - Over ELEMNENT NUM -
38 PubMed番号 pmid - - Over ELEMNENT NUM -
39 DOI doi - - Over ELEMNENT NUM -
40 NII論文ID NAID - - Over ELEMNENT NUM -
41 医中誌ID ichushi - - Over ELEMNENT NUM -
60 著者版フラグ textversion - - Over ELEMNENT NUM textversion ERR
61 学位授与番号 grantid - - Over ELEMNENT NUM -
62 学位授与年月日 dateofgranted - - Over ELEMNENT NUM -
63 学位名 degreename - - Over ELEMNENT NUM -
64 学位授与機関 grantor - - Over ELEMNENT NUM -

実行結果メールサンプル:ハーベスト対象データが存在する場合
Title:YYYY-MM-DD Harvest Log

BaseURL:[自IRのBaseURL]
setSpec:
*** 2008-07-30 - 2008-08-07 *** ←前回取得日付と今回取得日付
2008-08-07 18:12:26 - 2008-08-07 18:12:27 ←今回取得の開始時間と終了時間
GET 7 ←ハーベストした件数
LOAD 7 ←IRDBにロードできた件数
ADD 0 ←ロードできたうち、新規追加件数
UPD 7 ←ロードできたうち、更新件数
DEL 0 ←ロードできたうち、削除件数
ERR 0 ←エラーが発生し、IRDBにロードできなかった件数

実行結果メールサンプル:ハーベスト対象データが存在しない場合
Title:YYYY-MM-DD Harvest Log

BaseURL:[自IRのBaseURL]
setSpec:
*** 2008-07-24 - 2008-08-07 ***

2008-08-07 18:12:25 - 2008-08-07 18:12:25
GET -
LOAD -
ADD -
UPD -
DEL -
ERR -
:Harvest_ERR=noRecordsMatch


ハーベストに対する補足事項
  1. No DATA For Delete エラーについて
  2. 原因:
    1. IRDBからJAIROへの登録対象メタデータの登録が行われる前に、機関リポジトリにおいて削除されたメタデータとして登録された
    2. ハーベスト対象となる非公開のコンテンツが存在する
    推奨される対処:
    無視していただいて差し支えありませんが、 上記原因が思い当たらない場合はお知らせください。

  3. OAI-PMHのフォーマットチェックが出来るサイト
  4. Registering Your OAI-PMH 2.0 Repositoryの 下部にあるデータプロバイダ登録ツールで「Validate only (may register later)」とすることで 、エラーメールを待たずにエラーの有無の確認ができます。
▲ページTOPへ戻る
国会図書館へ提出するメタデータのフォーマットチェック
textversionの値がETDであるアイテムについては、 当該データについては通常のフォーマットチェックに加えて下記の表に従ったチェックを行います。 これは国立国会図書館への博士論文本文の提出にあたり行われるものです。 なお、フォーマットチェックの結果、エラーのあるデータの提出は行われません。 チェックの結果につきましては、通常のフォーマットチェックと合わせてメールでお伝えしますので確認するようにしてください。
項番 エラー名 エラー内容 機関で推奨される対応
1 No ELEMNENT NIItypeがハーベストデータ内に存在しない リクエストURIからの応答にNIItypeを含むようにシステムを更新して下さい
2 No ELEMNENT-DATA NIItypeに値が入っていない NIItypeに値を入れて下さい
3 No fullTextURL fulltextURIに値が入っていない fulltextURIに値を入れて下さい
4 Shortage of Requirements igrantid, dateofgranted, degreename, grantorのいずれかに値が入っていない NIItype, grantid, dateofgranted, degreename, grantorすべてに値を入れて下さい
5 Over ELEMNENT NUM NIItype, grantid, dateofgranted, degreename, grantornのいずれかに値が入っていない リクエストURIからの応答にNIItypeを含むようにシステムを更新して下さい
6 NIItype ERR / NIItype=Not Thesis or Dissertation NIItypeがThesis or Dissertaitonになっていない NIItypeをThesis or Dissertaitonに変更して下さい
7 dateofgranted ERR dateofgrantedが所定のフォーマットになっていない dateofgrantedを所定のフォーマット(YYYY-MM-DD)に従うように変更して下さい
8 grantid ERR grantidが所定のフォーマットになっていない grantidがjunii2バージョン3.1で指定するフォーマットになっているかどうかを確認ください。
  ● 科研費機関番号(5桁)+ [甲|乙|*]+第*+報告番号+号 の形式で記述する。
      ※ *は0字以上の任意の文字列
      ※ +は文字列の連結
      ※ 科研費機関番号は半角数値
      ※ 報告番号は半角数値
      ※ ex. 10100甲第123456号

推奨ではありませんが、junii2 バージョン3.0形式での指定も可能です。ただし、学位の種別に「甲」「乙」以外をお使いの場合は、バージョン3.1にてお願いします。
IRDBから外部システムへデータを受け渡す際にはバージョン3.1形式で行います。

  科研費機関番号 https://www-kaken.jsps.go.jp/kaken1/kikanList.do
▲ページTOPへ戻る
JaLCへ提出するメタデータのフォーマットチェック
selfDOIに値があるアイテムについては、 当該データについては通常のフォーマットチェックに加えて下記の表に従ったチェックを行います。 これはJaLCへのDOI登録用の提出にあたり行われるものです。 なお、フォーマットチェックの結果、エラーのあるデータの提出は行われません。 チェックの結果につきましては、通常のフォーマットチェックと合わせてメールでお伝えしますので確認するようにしてください。
項番 エラー名 エラー内容
1 DOI IR PREFIX ERR IRに登録されていないプレフィクス
2 DOI CHANGE ERR selfDOI要素の値が変更されている
3 DOI JaLC Type CHANGE ERR JaLC資料種別が変更されてしまうNIItype変更
4 doiType ERR selfDOI要素のra属性種別(JaLC、CrossRef、DataCite)に存在しない
5 No ra ERR selfDOI要素にra属性が存在しない
6 DOI MULTI-BYTE CHARACTER ERR selfDOI要素の値にマルチバイト文字が含まれている
7 DOI FORMAT ERR selfDOIの形式ではない(サフィックスの使用できない文字を持つ場合も含む)
8 DOI LENGTH > 300 ERR selfDOI要素の値の長さが300文字を超えている
9 deletion_selfDOI_num > 0 AND selfDOI_num = 0 ERR 既に削除されているselfDOI(削除selfDOIが存在するのにselfDOIを持つ有効なアイテムが存在しない)
10 Shortage of Requirements(fullTextURL) selfDOI要素で必須とされるfullTextURL要素が存在しない
11 NIItype ERR 設定されているra属性では登録できないNIItype
12 No xxx要素 設定されているra属性における必須要素xxxが存在しない
13 Over num 設定されているra属性で当該要素に許される数を超えている
14 attribute_lang Not eng 設定されているra属性において当該要素のlang属性はengしか許されない
▲ページTOPへ戻る
CiNiiに連携されるデータ項目の対応について
●CiNii Articles
ハーベストされたデータは以下のjunii2とCiNii Articlesのマッピング表に従って連携されます。 なお、IRDBから連携されたメタデータの言語属性はCiNiiでは日本語となります。
CiNii Articles 項目名 CiNii Articles 言語属性 junii2 要素名
本文言語コード - language
資料種別 NIItype
レポート番号 -  
著書名 creator
所属  
論文名 和文 title
英文 alternative
原文  
雑誌名 jtitle
出版事項 巻号 - volume, issue
ページ 開始 - spage
終了 - epage
出版年 - dateofissued
出版社等 出版社  
編集者 contributor
提供者 publisher
分類記号 -  
記事分類 -  
請求記号 -  
雑誌種別 -  
雑誌記事索引ID -  
所蔵 - NCID
抄録 description
ISSN - issn
著者キーワード subject
キーワード(その他)  
DOI番号 - selfDOI
本文URL - URI

●CiNii Dissertations
ハーベストされたデータは以下のjunii2とCiNii Dissertationsのマッピング表に従って連携されます。
CiNii Dissertations 項目名 CiNii Dissertations 言語属性 junii2 要素名
本文言語コード - language
タイトル lang属性による title
タイトルよみ lang属性による
タイトル別名 lang属性による alternative
著書名 lang属性による creator
学位授与大学 grantor
学位授与大学よみ
取得学位 degreename
学位授与番号 grantid
学位年月日 - dateofgranted
注記・抄録 description
著者キーワード subject
キーワード(その他)  
DOI番号 - selfDOI
本文URL - fullTextURL(ない場合はURI)

* 「junii2要素名」が空白の行はIR由来データによる連携対象が存在しないことを表します。
▲ページTOPへ戻る
AIRwayへのデータ提供
IRDBにハーベスティングされたメタデータは、AIRwayへと提供しています。
IRDBデータの取り込みにあたって

ご注意ください!

junii2フォーマットの「textversion」が正しく設定されていないと、 AIRwayにはデータが取り込まれません。「textversion」の正しい設定は下記を参照してください。
author 著者版
publisher 出版社版
none 上記以外(本文がない場合は)noneを選択
▲ページTOPへ戻る
申請・問い合わせ先
国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術コンテンツ課 研究成果整備チーム(機関リポジトリ担当)
電子メール:ir@nii.ac.jp
▲ページTOPへ戻る
《システム情報のページへ戻る
最終更新日: 2016年7月7日