研究シーズ2015知能システム科学

仮想世界で知能ロボットと対話社会的知能発生学シミュレータSIGVerse

稲邑 哲也情報学プリンシプル研究系 准教授

研究分野知能研究/ロボットシミュレータ/ヒューマンインタフェース

研究背景・目的

社会で役に立つロボットを研究するには、人間と対話をする知能の研究開発が重要です。しかし、実際の身体を作る時間的・予算的コストが大きく、知能研究が進まない現状があります。そこで、シミュレータの中で人間と社会的・身体的対話が可能なロボットシミュレータを構築しています。

社会的知能発生学シミュレータSIGVerseとは、人間と知能ロボットの来るべき共存社会をデザイン・検証するためのオープンなシミュレータプラットフォームです。複数のユーザが設計した知能エージェントをインターネット経由で仮想環境の中に投入し、仮想世界の中で互いにインタラクションさせたり、現実世界の人間と対話することが可能です。昨年から知能ロボットの競技会RoboCup@Homeのシミュレータとしても使われています。大規模な施設や研究室でなくても、ロボットの知能研究へ参入可能な環境を提供します。

研究内容

現在このシミュレータを使って以下のような研究を進めています。

inamura_1.jpg

ヘッドマウントディスプレイとKinect センサ等による没入型インタフェース

inamura_2.jpg

VR内における人間アバターとロボットの対話実験の様子

産業応用の可能性

研究者の発明

連絡先

稲邑 哲也[情報学プリンシプル研究系 准教授]
http://researchmap.jp/inamura/
inamura[at]nii.ac.jp ※[at]を@に変換してください

Recommend

さらにみる