概要

データ登録システム「学術コンテンツ登録システム」の特徴

 学術コンテンツ登録システムは,従来の旧システム「研究紀要ポータルデータ登録システム」で行っていた,電子メール,フロッピーディスクによる登録方式,電子メールでのデータ入手方式を廃止し,汎用WWWブラウザ上で各大学等にて「論文」単位のデータ,及び本文のPDF(画像)ファイルを,「新規作成」「修正」「削除」が行えるインタフェースです。「表紙」や「目次」、「奥付」等の情報も本文PDFデータを含めて登録が行え,冊子1冊単位での公開が可能です。

 これまでと同じく1件ごとの記事登録のほか,複数の「記事」及び「巻号」を一括して登録を行う「一括登録」が行えます。また,本文PDFデータも複数の記事と同時に一括して登録が行えます。詳しくは「一括登録」をご参照ください。
 データの取得も,WWWインタフェースを通して行います。データの抽出については,システム利用手引の「データ出力」をご参照ください。

データ公開システム「 "CiNii"[サイニイ](CiNii Articles)」の更新は週一回

 CiNiiへの更新は、毎週金曜日朝となります。
  前週の木曜日(営業時間内)まで登録(修正,削除も含む)した内容が、翌週の毎週金曜日朝に反映され、それ以降(木曜営業時間以降)の登録内容は、“再来週”の毎週金曜日朝で更新されます。

用語解説

学術コンテンツオンラインマニュアルでは,いくつかの特有の用語を用いています。

用語名 解説
旧登録システム 平成16(2004)年4月30日まで運用していた,『研究紀要ポータルデータ登録システム』のことを指します。
記事データ 論文単位のデータ(目次データ)で,文字のデータのことを指します。
本文PDFデータ
(PDFデータ)
記事データに添付される,本文のPDFファイル(画像ファイル)のことを指します。
IE Microsoftが開発している,Internet Explorerのことを指します。
NN Netscape Communicationsが開発している,Netscape Navigatorのことを指します。
Firefox Mozilla Foundationが開発しているWebブラウザのことを指します。
個別登録 汎用WWWブラウザを用いた,1件の記事データを新規修正登録,削除する場合のことを指します。
一括登録 一括登録ファイルを用いた,1件または複数件の記事データを新規登録する場合のことを指します。
データ 項目1つ1つに入力された「文字列」のことを指します。
レコード データが単数,あるいは複数からなるデータの集合体ことで,入力すべき単位が一通り揃ったものを指します。
ファイル レコードが単数,あるいは複数からなるレコードの「集合体」を指します。
記事 資料に掲載された,タイトルやそれに順ずる表記によって,1かたまりと判断できる単位を指します。
記述 記事内容を,本マニュアルに沿って,もっともよい形・内容に整形・加工することを指します。
入力 記述を実際に学術コンテンツ登録システムに登録することを指します。
「△」 1byte空白文字(\x20)のことを指します。

ページの先頭へ