トップ > システム利用手引 > データチェックについて

データチェックについて

データチェックとは,データ登録(一括登録も含む)の際,データ内容に形式的誤りがないかどうかのチェックのことを指します。 誤りがあった場合には,適切なエラーメッセージを表示し,該当するレコードについては登録を行いません。 データチェックは,全ての項目に共通する「共通データチェック」と,データ項目ごとの「個別データチェック」に分けられます。

共通データチェック仕様

以下の項目については,全ての登録機能に共通して,チェックを行います。

・使用禁止文字が含まれていないこと。使用禁止文字については章末を御覧ください。 ・自館管理下以外の雑誌について,登録・修正・削除などを行っていること。 ・必須項目が空値でないこと。ただしシステムで値を付与する項目については除きます。

個別データチェック仕様

データチェックを行う項目,その内容は以下のとおりです。
「必須項目」フィールドは,単独で必須の場合は"◎"を,他の項目にまたがってどちらか1つ必須の場合は"○"を,条件によって必須の場合は"△"を記述しています。

項目名 タグ形式でのタグ名 必須項目 注意点
雑誌書誌ID @NCID  
巻号 @VOLN  
年月次 @YEAR 数字のみ8桁ない場合はエラーになります。
ページ属性 @ATTR C(表紙,裏表紙),T(目次,総目次),D(索引),P(論文),Q(文献目録など),S(会告など), E(その他)以外が指定された場合はエラーになります。
論文名(日)
論文名(英)
@TITL
@TITE
いずれかが必須です。
論文名よみ @TITY 論文名(英)(@TITE)しかない場合で,本項目が空値の場合は,論文名(英)の値をそのまま投入します。
著者名(日)
著者名よみ
著者名(英)
著者所属(日)
著者所属(英)
@AUTH
@AUTY
@AUTE
@AFFN
@AFFE
各々の区切り記号の数で各項目間の対応を判定し,一致しない場合はエラーになります。
著者名よみ @AUTY 著者名(日)(@AUTH)または著者名(英)(@AUTE)のいずれかがある場合は必須です。
言語 @LANG ページ属性(@ATTR)の値が"P(論文)"の場合は必須です。
URL @URL   ・"http://"または"https://"で始まっていなければエラーになります。
・次の使用不可文字を含んでいればエラーになります。
 < > | " \x20(1byteスペース) { } \ ^ [ ] `
表示順 @SRTN   ・数字でなければエラーになります。
・同一巻号内で重複しているとエラーになります。

ページの先頭へ