トップ > システム利用手引

システム利用手引

ログイン・ログアウトから新規・修正・削除の登録方法、利用統計・収録状況の確認など、学術コンテンツ登録システムの利用方法についてのご案内をしております。

概要

学術コンテンツ登録システム(https://nels.nii.ac.jp/) は,従来『研究紀要ポータルデータ登録システム』と呼ばれていたインタフェースを,発展・改良したものです。
汎用WWWブラウザを用いて,記事・論文単位のデータ,及び本文のPDF(画像)ファイルを,研究紀要ポータル参加館のデータ登録担当者自身が,新規作成・修正・削除するためのインタフェースです。

詳細はこちら

作業上の注意

全般的な注意事項を記載しております。
個々の作業についての注意事項は,各章を参照してください。

詳細はこちら

ログイン・ログアウト

ログイン方法・ログアウト方法をご案内しております。

詳細はこちら

新規登録

本章では,新規登録手順を説明します。
新規登録とは,1論文を汎用WWWブラウザ経由で登録する作業のことを指します。
複数論文を登録したい場合は,「一括登録」を御覧ください。
この場合,記事データの各項目を,情報源に従い登録インタフェースから入力し,登録します。
本文PDFデータがある場合は,記事データと同時にアップロードすることができます。
登録した結果は,汎用WWWブラウザ上で,即時に確認することができます。

詳細はこちら

修正登録

本章では,修正登録手順を説明します。
修正登録とは,既に登録してある1論文に誤りを発見した場合や,内容に追加・修正がある場合など,記事データを修正する必要が生じた際に実施する作業のことを指します。
1論文を汎用WWWブラウザ経由で修正登録する作業となります。
複数論文を修正した上で登録したい場合は,「一括登録」を御覧ください。
この場合,記事データの各項目を,情報源に従い登録インタフェースから入力し,登録します。
本文PDFデータを,記事データと同時に,あるいは本文PDFデータだけを追加・差し替え・削除することができます。ただし,当研究所が作成した本文PDFデータ,及び記事データは,原則として削除不可として運用しています。また,記事データの修正に限っては可能ですが,本文PDFデータの差替は不可として運用しています。
登録した結果は,汎用WWWブラウザ上で,即時に確認することができます。

詳細はこちら

データ削除

本章では,データ削除手順を説明します。
既に登録してある1論文を削除する場合や,本文PDFデータのみを削除する場合,記事データの登録がなくなってしまった巻号を削除する作業のことを指します。
本文PDFデータも登録された記事データを削除した場合,本文PDFデータも同時に削除されます。本文PDFデータを含んで記事データを削除したい場合と,本文PDFデータのみ削除したい場合で,手順が異なりますので注意してください。
いずれの作業も,汎用WWWブラウザを用います。

詳細はこちら

データ出力

本章では,データ出力について説明しています。
データ出力とは,IDや巻・号,ACCNなどを指定することにより,1つまたは複数の記事データを,1つのテキストファイルに出力できる機能です。範囲指定をすることもできます。
別に用意されている,一括登録をするための基礎的なファイルとすることができます。
また,記事データに本文PDFデータがある場合は,それも同時に出力することができます。

詳細はこちら

流用登録

旧登録システムでは,既登録の記事データを流用して,新規の記事データをして登録することができる,「流用登録」が可能でした。
学術コンテンツ登録システムでは,この機能は,データ出力と一括登録を組み合わせることによって可能です。
従来のように,汎用WWWブラウザ上で記事データを修正する仕組みではなく,ローカル端末上で,ファイルを修正していただくことになります。 方法については,「データ出力」と,「一括登録」を御覧ください。

詳細はこちら

設定変更

本章では,環境設定変更手順について説明します。
学術コンテンツ登録システムでは,ログインのためのパスワードの変更や,1画面当たりの表示件数を,ユーザごとに変更することができます。

詳細はこちら

データ登録正規化

本章は,記事データや巻号の登録時における正規化について説明します。
正規化とは,汎用WWWブラウザからのデータ登録(新規登録・修正登録)と,一括登録データのデータ登録(新規登録・修正登録)の際,データを整えるための処理のことを指します。
また,記事検索の場合に,検索キーの揺れを吸収するために,登録されたデータの整形と,検索キーの整形のための処理のことを指します。
登録時の正規化と,検索時の正規化に分けて解説します。

詳細はこちら

データチェックについて

本章は,記事データや巻号の登録時におけるデータチェックについて説明します。
データチェックとは,汎用WWWブラウザからのデータ登録 (新規登録修正登録),一括登録データのデータ登録(新規登録・修正登録)の際,データ内容に形式的誤りがないかどうかのチェックのことを指します。
誤りがあった場合には,適切なエラーメッセージを表示し,該当するレコードについては登録を行いません。

データチェックは,全ての項目に共通する「共通データチェック」と,データ項目ごとの「個別データチェック」に分けられます。

詳細はこちら


ページの先頭へ