トップ > システムデータ記述手引 > データ項目

データ項目

データ項目一覧の後,各項目の記述について解説しています。
項目の順序は,一括登録ファイルの記述順になっており,各項目の解説も同様の順番になっています。

記事データは,次の各データ項目から成り立っています。
「必須項目」フィールドは,単独で必須の場合は"◎"を,他の項目にまたがってどちらか1つ必須の場合は"○"を,条件によって必須の場合は"△"を記述しています。

項番 項目名
(タグ形式でのタグ名)
必須項目 備考
1 雑誌書誌ID
@NCID
個別登録時は記述不要。
2 巻号
@VOLN
1(2)xxxのように,号の後ろに余分なデータがある場合はエラーになります。
号の前後のかっこは,1byte(いわゆる半角文字)とします。
"巻(号)"の形式で入力してください。ただし,巻のみの場合もあり得ます。
3 年月次
@YEAR
数字のみ8桁固定長です。
YYYYMMDD形式で,月・日がない場合は0で埋めてください。
4 ページ属性
@ATTR
新設項目
C(表紙,裏表紙),T(目次,総目次),D(索引),P(論文),Q(文献目録など),S(会告など), E(その他)以外が指定された場合はエラーになります。
1byte英大文字で記述してください。
ページ属性が"P"であった記事は,更新時に"P"以外に変更できません。
5 論文名 論文名(日)
@TITL
  論文名(日)か論文名(英)のいずれかが必須です。
論文名(よみ)
@TITY
論文名(日)または論文名(英)のいずれかがある場合は必須です。
論文名(英)しかない場合で,本項目が空値の場合は,論文名(英)の値をそのまま投入します。
論文名(英)
@TITE
論文名(日)か論文名(英)のいずれかが必須です。
6 著者名 1 著者名(日)
@AUTH
著者名(日),著者名よみ,著者名(洋)のすべての項目が設定されている場合は,各々の数が一致している必要があります。
2 著者名よみ
@AUTY
著者名(日),著者名よみ,著者名(英)のすべての項目が設定されている場合は,各々の数が一致している必要があります。
3 著者名(英)
@AUTE
旧データ記述マニュアルの,「入力しない場合のヘボン式ローマ字自動付与」機構は廃止されました。
著者名(日),著者名よみ,著者名(英)のすべての項目が設定されている場合は,各々の数が一致している必要があります。
7 著者所属 1 著者所属(日)
@AFFN
著者所属(日),著者所属(英)の両方が設定されている場合は,各々の数が一致している必要があります。
2 著者所属(英)
@AFFE
著者所属(日),著者所属(英)の両方が設定されている場合は,各々の数が一致している必要があります。
8 ページ
@PAGE
   
9 記事種別 1 記事種別(日)
@RTYP
   
2 記事種別(英)
@RTYE
  新設項目
10 言語
@LANG
旧データ記述マニュアルの,「入力しない場合は日本語とみなす」機能は廃止されました。
ページ属性の値が"P"の場合は必須です。
11 抄録 1 抄録(日)
@ABST
  提供雑誌登録票での事前通知は不要になりました。申請なしで記述できます。ただし,著作権処理が済んでいるか,十分に確認してください。
2 抄録(英)
@ABSE
  提供雑誌登録票での事前通知は不要になりました。申請なしで記述できます。ただし,著作権処理が済んでいるか,十分に確認してください。
12 キーワード 1 キーワード(日)
@KYWD
   
2 キーワード(英)
@KYWE
  新設項目
13 レポート・講演番号
@REPN
  新設項目
14 PDFファイル名
@FLNM
   
15 URL
@URL
   
16 表示順
@SRTN
  新設項目
数字でなければエラーになります。
同一巻号内で重複しているとエラーになります。
17 アクセション番号
@ACCN
空値の場合は新規登録とみなし,データベース登録時に自動採番されます。
修正登録・削除時は必須です。その場合,記述したアクセション番号が,自館管理下雑誌であり,かつ既に削除されているものではないことが条件です。
ファイル内では一意(重複不可)であることも条件です。
18 削除フラグ
@DELF
  新設項目
記事を削除したい場合に,この項目に1byte数字"1"を入力してください。
空値,または1byte数字"0"の場合は,新規登録・修正登録とみなします。
"0"または"1"以外の値が指定された場合は,エラーになります。
19 コメントタグ
@@C
  タグ形式でのみ使用します。
20 レコード終了タグ
@@E
  タグ形式でのみ使用します。

なお,旧データ記述マニュアルにありました,以下の項目については,廃止されました。

項目名 タグ形式でのタグ名 代替項目など
記事分類 @CLAS [ありません]
処理区分 @UPDT 削除フラグ(@DELF)
タグ継続記号 @@S [1行当たりの文字数制限が事実上なくなりましたので,使用する必要がありません]

ページの先頭へ