事業について
事業終了について
よくある質問

学術雑誌公開支援事業終了に際して、機関のみなさまから寄せられたご意見、ご質問にお答えします。ページは随時更新します。

Q1. 機関リポジトリの構築が難しい機関向けに、今後も本文やメタデータを更新する機能を提供してもらえないでしょうか?
Q2. CiNii Articlesなどからの検索のため、以下のようなコンテンツを登録していました。今後どうしたらよいのでしょうか?
  1. 書誌情報(メタデータ)だけのコンテンツ
  2. 大学Webサイトに本文があり、本文へのリンクを登録したコンテンツ
Q3. CiNii Articles本文収録刊行物ディレクトリへの登録のため、コンテンツを登録していました。今後はどうすればよいですか?
Q4. すでに機関リポジトリ等で公開しているコンテンツについて、学術コンテンツ登録システムから削除することはできますか?
Q5. 現在管理主体がないコンテンツはどうなるのでしょうか?また、事業終了後(H29(2017)年4月以降)、これまでに登録されたコンテンツはどうなりますか?
Q6. 学術コンテンツ登録システムに登録されたデータ提供だけを希望する場合は、どうすればいいですか?
Q7. JAIRO Cloudへの移行を希望していますが、データの提供も希望する場合はどうすればよいですか?
Q8. 学術コンテンツ登録システムに登録されているデータは、すでに移行済なのですが申請等が必要でしょうか。
Q9. 現在、学術雑誌公開支援事業の担当者がおらず学術コンテンツ登録システムに登録されているデータ内容がわからないのですが、どうすればわかりますか。
Q10. 学術雑誌公開支援事業の終了が平成29年3月末で終了ということですが、「CiNii Articles(日本の論文をさがす)」自体がなくなってしまうということでしょうか?
Q11. 既に閉学してしまった大学・短期大学の研究紀要を継承して、自機関へデータを移行したいのですが可能でしょうか。
Q12. データ移行を希望しない場合、コンテンツはどうなるのでしょうか?
Q1. 機関リポジトリの構築が難しい機関向けに、今後も本文やメタデータを更新する機能を提供してもらえないでしょうか?
A1.

国立情報学研究所(NII)のコンテンツ発信支援は、今後、機関リポジトリに力点を移すこととなりました。それに伴い、学術コンテンツ登録システムも平成29(2017)年3月までに提供を終了いたします。 自力で機関リポジトリを構築するのが困難な機関には、共用リポジトリサービスであるJAIRO Cloudを提供しておりますので、こちらのご利用もご検討ください。

 

JAIRO Cloud(共用)リポジトリサービス

URL: https://community.repo.nii.ac.jp/

 

Q2. CiNii Articlesなどからの検索のため、以下のようなコンテンツを登録していました。今後どうしたらよいのでしょうか?
  1. 書誌情報(メタデータ)だけのコンテンツ
  2. 大学Webサイトに本文があり、本文へのリンクを登録したコンテンツ
A2.

これらのコンテンツについても、機関リポジトリへの収録と本文公開についてご検討ください。また機関リポジトリを持たない機関におかれましても、 JAIRO Cloud等を利用した機関リポジトリの立ち上げをご検討ください。

なお、CiNii Articlesでは、書誌情報のみの機関リポジトリレコードについて、今後検索対象とする予定です。

 

Q3. CiNii Articles本文収録刊行物ディレクトリへの登録のため、コンテンツを登録していました。今後はどうすればよいですか?
A3.

現行のCiNii Articles本文収録刊行物ディレクトリは終了となりますが、それに代わるサービスについて現在検討しています。

 

Q4. すでに機関リポジトリ等で公開しているコンテンツについて、学術コンテンツ登録システムから削除することはできますか?
A4.

コンテンツが重複する場合も、CiNii Articlesに取り込む際、適切に統合されるようNII側で処理を行いますので、削除の必要はありません。

 

Q5. 現在管理主体がないコンテンツはどうなるのでしょうか?また、事業終了後(平成29(2017)年4月以降)、これまでに登録されたコンテンツはどうなりますか?
A5.

現在管理主体がないなど、学術雑誌公開支援事業の終了後(平成29(2017)年4月以降)、学術コンテンツ登録システムにだけ残されたコンテンツについては、 当面の間NIIでコンテンツを保持する方向で検討しておりますが、データ保持期間につきましては一切保証できませんので何卒ご了承ください。

 

Q6. 学術コンテンツ登録システムに登録されたデータ提供だけを希望する場合は、どうすればいいですか?
A6.

自機関分のデータについては提供可能です。取得方法は以下のとおりです。

 

1)学術コンテンツ登録システムのアカウントをお持ちの場合学術コンテンツ登録システムオンラインマニュアル 「データ出力」の手順に従って、書誌および本文データの取得を行ってください。

 

2)学術コンテンツ登録システムのアカウントがない、またはJATS(XML)形式のデータが必要な場合「学術雑誌公開支援事業 移行及びデータ提供申請書」をご提出ください。

 

Q7. JAIRO Cloudへの移行を希望していますが、データの提供も希望する場合はどうすればよいですか?
A7.

以下はその際の「学術雑誌公開支援事業移行及びデータ提供申請書」の記入方法になります。

 

1)1.JAIRO CloudまたはJ-STAGEへの移行(NIIがデータ移行を支援します)

「はい」と「JAIRO Cloud」の項目にチェックを入れる。

 

2)2. データ提供 (各機関リポジトリなど、移行を自機関で行う場合)

「はい」と「1)理由」「その他」にチェックし、必要理由(JAIRO Cloud登録前にデータ整備を行いたい)などを記入する。

 

3)「2)データ提供フォーマット」はタブ区切りを選択。「3.希望時期」を記入する。

 

なお、自機関でデータ登録を行う際、サポートが必要な場合はJAIRO Cloudへお問い合わせください。

 

Q8. 学術コンテンツ登録システムに登録されているデータは、すでに移行済なのですが申請等が必要でしょうか。
A8.

はい、移行済の場合でも移行状況確認のため、メール等にて学術雑誌公開支援事業担当までお知らせください。

 

Q9. 現在、学術雑誌公開支援事業の担当者がおらず学術コンテンツ登録システムに登録されているデータ内容がわからないのですが、どうすればわかりますか。
A9.

@学術コンテンツ登録システムのアカウント情報を把握されている場合には、学術コンテンツ登録システムへログインして確認ください。

A学術コンテンツ登録システムのアカウント情報が不明の場合には、「CiNii Articles(日本の論文をさがす)」「CiNii本文収録刊行物ディレクトリ」内「研究紀要」>「提供機関から探す」にて自大学等研究機関名を検索していただければ、学術コンテンツ登録システムへ登録されている自大学等研究機関のデータを確認いただけます。

 

Q10. 学術雑誌公開支援事業の終了が平成29年3月末で終了ということですが、「CiNii Articles(日本の論文をさがす)」自体がなくなってしまうということでしょうか?
A10.

本事業は終了いたしますが、CiNiiは、本文そのものを提供するのではなく、ユーザの発見をサポートするサービスとしてリニューアルします。

 

Q11. 既に閉学してしまった大学・短期大学の研究紀要を継承して、自機関へデータを移行したいのですが可能でしょうか。
A11.

可能ですが、継承されているかを確認させていただく場合がございます。詳細については、学術雑誌公開支援事業担当までお問い合わせください。

 

Q12. データ移行を希望しない場合、コンテンツはどうなるのでしょうか?
A12.

登録されたコンテンツにつきまして、原則として事業終了後はNIIにて今までのような保持ができなくなりますので、他サービス等への移行を強くお勧めしております。 やむを得ず移行を希望されない場合、NIIにて当面の間当該データを保持する方向で検討しておりますが、データ保持期間につきましては一切保証できませんので何卒ご了承ください。

 

▲ページTOPへ戻る
最終更新日: 2016年06月20日