大学図書館職員短期研修

受講の申し込みは本ページ内「受講の申込みと受講者の決定」をご参照ください。

 

目的

大学図書館等の活動を活性化するため、大学図書館等の職員が、今後の図書館の企画・活動を担う要員となる上で必要な、図書館業務の基礎知識・最新知識を修得する。

到達目標

国内外の大学図書館等における最新の動向や事例を学び、図書館業務の推進および改善について、主体的に考えることができるようになる。

受講対象者

以下の条件をすべて満たす者を対象とする。

(1) 所属機関

大学等(大学、短期大学、高等専門学校、大学共同利用機関法人、大学校、文部科学省所管独立行政法人および施設等機関)。

(2) 勤務形態

現在、大学等から直接雇用されて図書館等に勤務し、また受講後も一定期間の図書館勤務を予定している職員。

(3) 年齢

2019年4月1日現在の年齢が35歳以下であること。

ただし応募状況により、36歳以上の職員の受講も可とすることがある。

(4) 勤務年数

2019年4月1日現在、大学等での図書館勤務年数が2年以上10年以下であること。

ただし、応募状況により、勤務年数が10年を超える職員の受講も可とすることがある。

なお、現所属機関の勤務以前に、受講条件(1)(2)を満たす勤務年数がある場合は、通算してもよい。


※過去に大学図書館職員短期研修(2006年度までの旧称「大学図書館職員講習会」も含む)を受講したことがある者は原則として受講対象としない。

受講の前提となる知識

図書館業務の概要を把握していること。

開催会場・開催期間等

開催会場 開催日時 申込締切日 定員
京都(京都大学附属図書館) 2019.10. 1(火)〜10. 4(金) 第1日〜第3日 9:30〜17:30
第4日 9:30〜17:00
2019. 7. 19(金) 各回42名
東京(国立情報学研究所) 2019.10. 8(火)〜10.11(金)

主な研修内容(予定)

参考:2018年度大学図書館職員短期研修カリキュラム
https://www.nii.ac.jp/hrd/ja/librarian/h30/index.html

受講の申込みと受講者の決定

受講希望者の所属機関が、研修申込システムから申し込みを行う。京都大学及び東京大学は、推薦された者の中から受講者を選考し、各所属機関の長または所属部局の長に対して結果を通知する。 ※申し込み手順の詳細は、『研修申込システム利用手順』を参照。

経費

研修費および教材費無料
旅費所属機関の負担

修了証書

この研修において所定の課程を修了した者には、修了証書を授与する。

研修概要ウェブサイト

カリキュラム及び講義資料/成果物

カリキュラム及び講義資料/成果物は下記リンクからご覧ください。

 
ページトップへ