総合目録データベース実務研修

過去の記録及び成果等

平成11年度

カリキュラム等

成果物

【第1回】成果物 (PDFファイルでご覧になれます)
飯岡 久美子 (岩手大学) 「情報リテラシー教育のあり方」
気谷 陽子 (筑波大学) 「和古書及び漢籍の目録上の特殊事情:整理マニュアル及び冊子体目録の凡例の比較から」
齋藤 初巳 (群馬大学) 「電子ジャーナルによる医学分野外国雑誌の利用形態に及ぼす影響」
伴 徹 (埼玉大学) 「号単位という概念の導入による雑誌書誌レコード作成単位の判断基準再検討」
下村 恵美子 (東京大学) 「図書館業務の委託と職員について」
渡邊 文代 (山梨医科大学) 「Web版OPACにおける図書書誌情報の表示方法について」
溜渕 文子 (静岡大学) 「遡及入力におけるCATP‐Autoの利用について」
萩 誠一 (名古屋大学) 「洋図書のNOTEフィールドにおける乱用状況の時系列的解析」
福山 栄作 (島根大学) 「Webcat、Webopac、オンラインジャーナルの実践的利用方法」
野村 和子 (広島大学) 「日本語ヨミの自動付与および翻字の自動入力」
田中 由紀子 (九州大学) 「洋図書書誌新規作成時の迷いをなくすために:多言語を意識して」
松本 千草 (明治大学) 「総合目録データベースの品質管理についての考察:OCLCとの比較を通して」
【第2回】成果物 (PDFファイルでご覧になれます)
伊藤 ますみ (北海道大学) 「目録入力に便利な補助ツールの紹介」
浅野 泉 (旭川医科大学) 「WebCATを利用した、大学図書館の一般利用の提案」
及川 恵美子 (東北大学) 「Shared catalogingの光と影‐レコード調整を視点として」
飯田 貴子 (筑波大学) 「1800年以前の洋書の目録作成について」
武笠 まゆみ (東京大学) 「図書・雑誌書誌ファイル両方に登録された書誌(境界領域資料)の取り扱い」
西山 朋代 (東京芸術大学) 「音楽理論書登録時における件名付与作業の軽減化のためのツール作成」
守本 瞬 (金沢大学) 「レコード調整周辺作業の軽減化」
中谷 実邦子 (大阪教育大学) 「音楽資料からみたNACSIS‐CATにおける統一書名典拠」
土屋 祥子 (神戸大学) 「総合目録データベースにおける著者名典拠作業についての一考察」
河原田 伊佐男 (関西大学) 「西洋古版本の目録作成と参照MARCの利用について」
松田 泰代 (国際日本文化センター) 「地図資料に関する考察:クリアリングハウスとしての総合目録データベース」
渡来 恵美 (放送大学) 「DDCからNDCへの記号変換」

 

PDFファイルをご覧いただくためにはAcrobat ReaderJが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

 
ページトップへ