総合目録データベース実務研修

過去の記録及び成果等

平成10年度

カリキュラム等

成果物

【第1回】成果物 (PDFファイルでご覧になれます)
田畑 由美子 (岩手大学) 「目録登録の現状と問題について−遡及入力から−」
赤井 規晃 (京都大学) 「新CATと目録システム講習会」
森谷 めぐみ (岡山大学) 「中国語資料の総合目録データベース(NACSIS-CAT)登録について」
江藤 弘史 (九州大学) 「電子ジャーナルの所蔵登録と相互利用について」
徳永 智子 (筑波大学) 「和装古書のNACSIS-CATへの登録における問題点」
藤本 帝子 (東京大学) 「新CAT対応クライアントシステムの比較検討」
岡田 英治 (広島大学) 「CATP-Autoを利用した遡及入力の在り方」
赤嶺 久夫 (琉球大学) 「より良い新CATシステムをめざして」
高井 力 (東京学芸大学) 「総合目録データベースへの教科書書誌・所蔵情報入力における現状と問題点」
宗近 美佐子 (金沢大学) 「ILL業務の効率化について」
家住 久子 (兵庫教育大学) 「目録システム講習会の新CAT導入後の在り方:目録入力要員養成を意識して」
中村 千都世 (高知大学) 「人材養成の場としての目録システム講習会を考える」
【第2回】成果物 (PDFファイルでご覧になれます)
首藤 佳子 (北海道大学) 「大学図書館における電子ジャーナルの現状と今後の動向」
近藤 務 (筑波大学) 「目録情報に関する質問書/回答書データベース検索システムについて」
棚橋 是之 (名古屋大学) 「新聞情報所蔵登録の現状」
行武 良子 (九州芸術工科大学) 「楽譜目録入力のための補助資料作成−最低限の品質保持と作業の能率のために−」
金子 敏 (旭川医科大学) 「NLMC分類作業時におけるWebcatの利用について」
伊原 尚子 (名古屋工業大学) 「総合目録データベースにおける電子ジャーナル 電子ジャーナル入力指針(私案)」
鈴木 雅子 (大阪大学) 「遡及入力作業におけるCATP-Autoの有効性と問題点」
田中 孝次 (鳴門教育大学) 「文部省検定教科書をNACSIS-CATに登録する際の問題点について」
柳原 恵子 (東京大学) 「電子資源(Electronic Resources)の情報をNACSISで記録するために」
多田 剛志 (大阪外国語大学) 「利用者にとっての総合目録データベースWWW検索サービス―一利用者としてWebcatに期待すること―」
岩澤 尚子 (香川大学) 「遡及入力における自動登録クライアントの有用性について」
後藤 幸 (神戸女子大学) 「大学図書館をとりまく新たな局面での利用者サービス(情報リテラシーと利用者支援)」

 

PDFファイルをご覧いただくためにはAcrobat ReaderJが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

 
ページトップへ