タイ王国における研修

[DATE: 1997/1/30]


 学術情報センターでは, 国際交流基金の協力を得て, アジアにおける日本情報の流通を促進するため, タイ・オンライン・プロジェクトを推進していますが, その一環として, タイ王国のチュラロンコーン大学, タマサート大学およびカセサート大学において, 1997年12月16日〜19日の日程で研修を実施しました。この研修の目的は, タイ王国での学術情報センターサービスを定着化させ, サービスの利用をさらに促進させようとするものです。研修の対象者は各大学の日本研究者や図書館職員などで, 講義は先立って行われた招聘研修の受講者により, タイ語で行われました。

日程:チュラロンコーン大学1997年12月16日
タマサート大学1997年12月17日
カセサート大学1997年12月19日
研修内容:NACSIS-IRおよび文献複写依頼方法
受講者:チュラロンコーン大学22名
タマサート大学55名
カセサート大学40名

 なお, この研修は国際交流基金アジアセンター助成研究「アジア・スーパーハイウェイ上のアジア情報」(研究代表者 小野欽司教授)の一環として実施されました。

また, 学術情報センターではこれまでに, このプロジェクトの一環として, 1997年1月13日〜17日及び20日〜24日にタマサート大学とチュラロンコーン大学において, NACSIS-CAT及びNACSIS-IRの研修会を, その研修のフォローアップとして, 1997年3月10日〜14日に研修会を実施しています。


講義を担当されたのは、以下の方々です。

【研修風景】


文部省学術情報センター 研修課
(edu@hrd.ancsis.ac.jp)