事業・関連プロジェクト
実務研修生の受入
CLOCKSSへの支援

事業・関連プロジェクト

jitsumu_h24flyer.jpg  

実務研修生の受入

 JUSTICEでは,国立情報学研究所(NII)の実務研修制度のもと,事務局(国立情報学研究所
 学術基盤推進部 図書館連携・協力室)に実務研修生を受け入れ,OJTを通じて大学図書館における
 学術情報流通基盤整備の中心的役割を担う人材の育成を行っています。



 

CLOCKSS(クロックス): デジタルコンテンツ・アーカイブプロジェクトへの支援


 電子資料の利用に関わる課題の一つに,「アクセス保障と恒久的保存」があります。
 紙媒体と違って,物理的にコンテンツが図書館に蓄積されない電子資料の導入が進んだ今こそ,
 ”利用可能な状態で資料を保存し,将来にわたって利用者へ提供し続けるという図書館本来の責務”
 に対して,これまで以上に図書館が積極的に関与していく必要があります。
 CLOCKSSへの協力は,図書館がその責務を果たしていくという積極的な姿勢を裏付けるものです。