HOME > ERDBについて >これまでの取組み
ERDBについて
ERDBプロトタイプ構築プロジェクト
概要

ERDBプロトタイプ構築プロジェクトとは,大学図書館の連携のもとに,電子リソース(電子ジャーナル,電子ブック等)に関するデータ共有のための基盤構築を行うプロジェクトである。

目的

大学図書館の連携により,電子リソースに関するデータ共有のための基盤を構築することで,紙媒体を中心とした従来の総合目録データベースと併せて,電子媒体および紙媒体の学術情報への迅速かつ的確なナビゲートを実現し,利用者の学術情報のアクセシビリティを向上させることを目的とする。

大学図書館間で共有すべきデータ

ERDB の基本となる大学図書館間で共有すべきデータは次の通りである。

国内外のナレッジベースの共有

国内提供元からサービスされている電子リソースのデータを収集し共有することで,日本版のナレッジベースを構築する。

海外提供元からサービスされている電・qリソースのデータ共有については,既存の商用ナレッジベースの活用も含めて検討する。当面はJUSTICEにおいて契約交渉を行い,合意に達した電子ジャーナルを対象としたナレッジベースの導入を行う。

各大学の情報の共有

各大学における電子ジャーナルのタイトル単位・巻号単位での契約情報,および,ライセンス(利用条件)に関する情報を収集し,共有する。

▲ページTOPへ戻る
実現する機能

ERDB はデータベースであり,ERMS(管理システム)等の基盤に位置づけられるため,必ずしも多機能である必要はない。当面は最低限の機能として,現在国内に流通している電子リソースの情報,及びその利用可否の情報等を得られるような環境を整える。
具体的には,下記の機能を実現する。

データベース

書誌とナレッジベースと契約という3つのレイヤーからなるデータベースを構築する。
ナレッジベースレイヤーではパッケージ情報およびタイトル単位の収録範囲が扱えるものとする。
契約レイヤーには,契約情報とライセンス(利用条件)情報が含まれる。

業務用 API

ERDB はデータの参照・更新を API で行うことを基本とする。
したがって,既存の ERMS や図書館システムとの間でデータを交換する。

図書館用ウェブインターフェース

既存の ERMS や図書館システムを持たない大学のために,データをやりとりするための簡易なウェブインターフェースを提供する。

検索用ウェブ API

利用者向の検索サービスに供するための API は業務用 API とは別に設ける。
これにより,CiNii や各大学が提供する検索(ディスカバリ)サービスなどから API を利用して検索サービスを提供する。

電子リソース統計情報自動取得機能

電子リソースの利用実態を効率的に把握し評価を行うために,各提供元が保持する電子リソースの COUNTER 統計情報を自動取得し,各大学が契約する範囲の情報を閲覧し利用できる機能を提供する。

▲ページTOPへ戻る
推進体制

国立情報学研究所と大学図書館の連携・協力の枠組みの下に推進する。

ERDB プロトタイプ構築プロジェクトの推進体制

国立情報学研究所,大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE),大学図書館12機関(平成24年12月現在)によってプロトタイプ構築を推進する。

▲ページTOPへ戻る
現在の取り組み状況と今後の予定

運用開始までの全体の作業計画案を平成24年度内にまとめる予定である。
現時点での取り組み状況と今後の予定は下記のとおりである。

平成24年度

プロトタイプを構築,検証し,その結果に基づき5つのタスクを設定し,プロジェクトチームを設け調査・検討を行った。
現在,検討結果に基づき,開発に取り組んでいる。国内の電子リソースのデータ共有を年度内に進める。
それ以外の実現すべき機能の整備について,具体的なスケジュールを策定する。

平成25年度

年度前半はデータベースの構築と API の開発を行い,検証作業を進める。
管理者機能や電子リソース統計情報自動取得機能については,以後,段階的に整備を進める。

平成26年度

年度前半に運用体制を確立し,年度後半からの運用開始を目標とする。運用開始後も段階的に必要な機能・データの拡充,体制の強化をはかる。

▲ページTOPへ戻る
期待される効果

利用者

必要とする電子リソースに適切なナビゲートがされ,アクセシビリティを高める効果がある。
特に,従来は実際にアクセスを試みないと可用性を判断できなかったリ・塔N切れや契約範囲外の問題について有効な解決手段となる。

大学図書館

国内外の電子リソースの情報管理機能を強化できる。
特に,従来手薄であった国内電子リソースの情報を集約し提供することは多くの図書館の利便性の向上につながる。また,電子リソースの管理統制が困難であった図書館にとっては重要なツールとなり得る。
例えばデータを参照して ILL サービスに活用することも可能である。契約している電子リソースの利用実態を把握し,費用対効果等の評価を行うことも可能となる。

海外の学術機関等

構築された日本版のナレッジベースを国外にも広く提供することで,国際的な学術情報流通の効率化に寄与する。

▲ページTOPへ戻る
資料
NIIオープンハウス2012(2012.6.8)

ワークショップ Part1: 基盤は進化する 〜 WebcatからCiNii Booksへ 紙onlyから+電子リソース管理へ 〜

第14回図書館総合展(2012.11.22)

日本のナレッジベース構築に向けて ― 電子リソース管理データベース(ERDB)・プロジェクトの現状と将来展望について

平成24年度電子リソース管理データベース(ERDB)プロトタイプ構築プロジェクト
最終報告会(2012.12.21)

プロジェクトの全体の報告について (101KB)

各チーム報告 (準備中)

開発報告 (693KB)

CiNii Books連携報告 (167KB)

▲ページTOPへ戻る
最終更新日: 2014年12月4日