Go To...

NACSIS-ILL Home

新システム

コンテンツ課

NII Home

ILLシステムニュース(No.74, 1999.4.9)

前回のニュース(No.73;1999.4.5)



◎国立大学等における文献複写業務について
 
 平成11年3月31日付文学情第239号「国立大学等図書館の文献複写について (通知)」に基づき,平成11年4月1日より,支払区分(ACCT)に使用するコ ードについて,ILLシステムの運用を以下のように変更いたします。詳細につ いては,別途事務連絡でお知らせします。
 ●現行:
  ・pb (=校費*)
  ・pr (=私費)
 ●改正後:
  ・pb (=(項)国立学校*)
  ・re** (=(項)研究所)
  ・ho** (=(項)大学附属病院)
  ・co** (=(項)産学連携等研究費)
  ・pr (= 私費)
 *国立大学等図書館間での扱い。一般には「公費」とする。
 **NDLへの転送処理では,「pb(公費)」に置き換える。
 注:「ho」,「co」がNACSIS-ILLにおいて入力可となるのは,4月下旬になる予定です。
   それまでに使用する場合は,以下の手順で御利用ください。
  1. ACCTを「pb」とする。
  2. CMMNT(コメント)に,使用する予算科目名(例えば(項)大学附属病院) を記述する。
  3. 学術情報センター事業部目録情報課相互協力係にFAXで通知する。
       
    • 通知項目:レコードIDとACCTコード  
    • FAX番号 :03-3944-7131(G3)
  ILLシステムで入力可となった時点で,学術情報センターが該当レコードのACCT の書き換えを行います。書き換え終了後に,該当参加組織へその旨を通知します。

※注意点(1999.4.9 追加):
  このコード変更は,下表のとおり国立大学・国立短期大学・国立高等専門学校・大学共同利用機関(図書館コード表記載機関;以下国立大学等)間の文献複写業務のみに適用されます。
  国立大学等図書館間の予算振替の対象機関は大学共同利用機関へ拡大しましたが,国立大学等以外の機関との決済方法は従来どおりです。
1999.4.1より受付館
国立大学等その他の機関
依頼館国立大学等 pb, pr, re, ho, co
その他の機関pb, pr
「その他の機関」においては,re,ho,co は公費と同等の扱いをしてください。


先頭へ



◎国立大学等図書館間の複写経費データ処理の実施(平成10年度下半期分)
 
 ILLシステムで処理された国立大学等間の文献複写レコードで,平成11年3 月31日(水)の業務終了時点の状態が「確認」のものについて,複写データ処 理センターに複写経費データを渡しました。
先頭へ



◎「文献複写・現物貸借料金相殺のためのNACSIS-ILLユーザ会」加盟館間の 経費データ処理の実施(平成10年度下半期分)
 
 「文献複写・現物貸借料金相殺のためのNACSIS-ILLユーザ会」加盟館間の データについて,平成11年3月31日(水)の業務終了時点の状態が「確認」お よび「返却確認」のものを対象に精算・帳表の作成を行い,幹事館に送付し ました。
先頭へ



◎バックファイルへのデータ移行
 
  4月16日(金)の業務終了後,平成10年9月30日以前に最終状態(確認・返却 確認・CANCEL)となったレコードをバックファイルに移行し,同時に,バッ クファイルのレコードのうち,平成8年9月30日以前に最終状態となったレコ ードを,バックファイルから削除する予定です。  これに伴い,平成8年9月30日以前に最終状態となったレコードはILLシス テム上では表示できなくなります。また,5月6日(木)よりユーティリティ 上の統計からも除かれます。
先頭へ