GIFプロジェクト_日米ILLの終了に関するFAQ


[Q1] (2017年3月までのレコード)処理の途中で止まっているレコードはどうすればよいか
[Q2] (依頼)2018年4月以降、北米に依頼するのはどうすればよいか
[Q3] (依頼)2018年4月以降、料金決済はどうするのか
[Q4] (受付)2018年4月以降、北米からは各館に直接依頼がくることになるのか
[Q5] (受付)2018年4月以降、料金決済はどうするのか
[Q6] 英文Lending Policyはどのように変更すればよいか
[Q7] 海外ILLのサポートや相談窓口はまったくなくなるのか
[Q8] GIFのホームページは終了するのか、時期はいつか
[Q9] 北米図書館の連絡先一覧のようなウェブページはあるか
[Q10] (日韓ILL)KERISはいつ終了するか

[Q1] 処理の途中で止まっているレコードはどうすればよいか
[A1] 状態が「確認」「返却確認」「CANCEL」になるよう相手館と調整願います。
相手館がレコードを確認できないなど、調整がうまくつかない場合は、次の様式で、illglobal[at]mail.janul.jpにご連絡ください。    
  • NACSIS-ILL ID:
  • OCLC ID:
  • 依頼館シンボル:
  • 受付館シンボル:
  • 状態:
  • 状況の説明:
[Q2](依頼)2018年4月以降、北米に依頼するのはどうすればよいか
[A2] NACSIS-ILLを通じての依頼はできなくなります。相手館のILLサービスをWeb等で確認し、指示されている方法で依頼してください。
[Q3](依頼)2018年4月以降、料金決済はどうするのか=北米への支払方法
[A3] 受付館が指定する決済を了承の上、お申し込みください(クレジットカード、IFLAバウチャ、銀行振込等)。
[Q4](受付)2018年4月以降、北米からは各館に直接依頼がくることになるのか
[A4] はい。そのようになります。
[Q5](受付)2018年4月以降、料金決済はどうするのか=自館における料金収受方法
[A5]各館でご指定ください(クレジットカード、IFLAバウチャ、銀行振込等)。
[Q6] 英文Lending Policyはどのように変更すればよいか
[A6] 1. 現行のレンディング・ポリシー記述方法は2018年3月末まで有効です。2. GIFプロジェクト_日米ILL終了後、国際ILLに対応する場合はレンディング・ポリシー記述方法(新版)をご参考に変更ください。こちらは(1)貸借に関する項目は2018年1月20日より、(2)複写に関する項目は2018年3月1日より、新版に基づく記述変更が可能です。2018年4月以降は新版に基づく記述変更が必要となります。
[Q7] 海外ILLのサポートや相談窓口はまったくなくなるのか
[A7] 原則2018年3月末日でGIFプロジェクトは解散いたします。問い合わせ用アドレスは直ちに削除いたしませんが、実質的なサポートは行いませんので、処理については相手館と協議願います。
[Q8] GIFのホームページは終了するのか、時期はいつか
[A8] 内容は終了したサービスとして書き換えます。ホームページの終了時期は未定です。
[Q9]北米図書館の連絡先一覧のようなウェブページはあるか
[A9]NCC:北米日本研究資料調整協議会のWebサイトをご参照下さい。
[Q10] 日韓ILL:KERISはいつ終了するか
[A10] 詳細について現在調整中です。


update 2018.04.24