事業について
事業について
申請に関するQ&A
国立情報学研究所(以下、NII)の目録所在情報サービスに関して多くお寄せいただいた質問とその回答です。

》1.新規申請
1 の一覧
》2.変更申請
2 の一覧
》3.取消申請
3 の一覧
》4.レコード一括更新作業依頼
4 の一覧
》5.その他
5 の一覧
》1.〜5.から各章の本文にとびます。
から一覧が見られます。もう一度押すと一覧を閉じます。
1.新規申請
1.1 公印について


Q.
公印の名義は誰にすればよいですか。図書館長印でしょうか、大学長印でしょうか。


A.
参加館が大学、短期大学、高等専門学校に属する場合は図書館長名、これ以外においては機関の長名を記入してください。 (例:附属図書館長、研究所長、センター長など)
なお、一時的に館長不在の場合、図書館長代理がいれば代理者名で申請し、館長印をお願いします。 その場合は、図書館長代理であるということがわかる書面を添付してください。
1.2 サービス担当者と担当者登録届の担当者の違いについて


Q.
利用申請書のサービス担当者と担当者登録届の担当者にはどのようなちがいがありますか。


A.
利用申請書における「連絡担当者」とは、利用機関において利用にあたってのNIIとの連絡を行う方を指します。 (例:課長、室長、係長、主任など)担当者登録届出書における「担当者」とは、NACSIS-CAT/ILLシステムを利用 するために必要な利用番号(およびパスワード)を使用される方を指します。利用番号の申請は個人単位に限らず、 担当部署や業務単位でもさしつかえありませんので、業務運用形態に合わせ設定してください。
1.3 利用開始までの期間について


Q.
新規申請から利用開始まで、どのくらいの時間がかかりますか。


A.

希望開始月の前月20日までにwebから申請し、NIIで当月中に仮承認されれば原則として翌月からの利用が可能です。 利用承認書・担当者登録書は、利用開始月1日以降参加館情報管理システム にサインインをして入手してください。

例:4月から利用を開始する場合は、3月20日までに申請し3月中に仮承認されることが必要です。

注意:
NACSIS-CAT/ILLシステムに接続できるのは、利用開始月の1日以降です。 例えば、開館日が4月1日で、事前準備で3月中にNACSIS-CAT/ILLシステムを使用する場合は、利用開始月の設定は3月とし、申請は2月20日までに行ってください。

1.4 相殺サービスの利用について


Q.
新規に参加する際、ILLの料金相殺サービスも同時に始められますか。


A.
ILL文献複写等料金相殺サービス(以下ILL料金相殺サービス)の利用申請には、参加組織ID(以下FA番号)が必要です。 まずは、目録所在情報サービスに参加してFA番号を取得した後、ILL料金相殺サービスの新規申請をお願いいたします。 なお、ILL料金相殺サービスに参加されない場合でも、NACSIS-ILLシステムのご利用は可能です。
  • 参照:2.3 新規参加の場合,参加組織ごとに利用申請が必要か
  • 1.5 目録所在情報サービスの利用料金について


    Q.
    NACSIS-CAT/ILLを利用するにあたり、NIIに年会費等の費用を支払う必要はありますか。


    A.
    目録所在情報サービス自体には、参加費および年会費等の利用料金は発生しません。 ただし、目録所在情報サービスに参加された後、ILL料金相殺サービスを利用される場合には、 年度毎に運営費が発生します。
    1.6 担当者の研修について


    Q.
    NACSIS-CAT/ILLを利用するにあたり、担当者の研修は必要ですか。


    A.
    必要です。詳細は下記ページの 「d.目録システムの業務モードでの利用開始に先だつ講習会の受講」 を参照してください。
  • 参照:利用にあたっての原則
  • 操作練習には「教育用のNACSIS-CAT/ILLシステム」をご利用ください。なお、教育用へ接続ができるのは、 「目録所在情報サービス」利用開始日の週の次週月曜日からです。 参照:接続テスト
    また、NACSIS-CAT/ILL セルフラーニング教材もご利用ください。

    1.7 ゲストアカウントの変更について


    Q.
    利用承認書をダウンロードしたいのですが、メールアドレスが変わり 参加館情報管理システムのゲストアカウントにサインインすることができません。


    A.
    NIIでゲストアカウントに登録されたメールアドレスを更新いたします。 下記の事項をNACSIS-CAT担当(e-mail: catadm@nii.ac.jp)までメールでお知らせください。 NIIで更新した後、お知らせいただいたメールアドレスへ返信いたします。その後、パスワードの再設定を行いサインインしてください。
      • 参加組織名称
      • 参加組織ID(FA番号)
      • 郵便番号・住所
      • 所属・氏名
      • 更新するメールアドレス


    ▲ページTOPへ戻る
    2.変更申請
    2.1 機関の統合について


    Q.
    大学が統合になりました。どのような手続きが必要ですか。


    A.
    参加館のご事情に合わせて文書の提出をお願いいたします。 統合の予定が決まりましたら、早めにNACSIS-CAT担当(e-mail: catadm@nii.ac.jp)までご相談ください。 なお、ILL料金相殺サービスを利用している場合は、統合後のILL番号の扱いについて学内で調整をお願いいたします。
  • 参照:2.15 統合する場合のILL番号の扱いと申請について
  • 2.2 図書館が増えた場合


    Q.
    すでに目録所在情報サービスに参加しているのですが、新たに図書館が一つ増えました。どうしたらいいですか。


    A.
    FA番号または配置コードの追加が必要です。参加館のご事情にあわせ、下記のページをご参照の上、参加館情報管理システムから申請をお願いいたします。
  • 参照:申請手順
  • 2.3 担当者が変わった場合


    Q.
    目録/ILLの担当者が変わりました。申請は必要ですか。


    A.
    NIIへの申請は特に必要ありません。ただし、参加館にて参加組織情報を必ず最新の状態に更新するようお願いいたします。
  • 参照:目録システム利用マニュアル第7版「4.8.2 参加組織データを修正する」
  • 参照:ILLシステム操作マニュアル第7版「8.2 自館の参加組織レコードを更新する」
  • 2.4 メールアドレスの変更について


    Q.
    担当のメールアドレスが変わりました。申請は必要ですか。


    A.
    NIIへの申請は特に必要ありません。ただし、参加館にて参加組織情報を必ず最新の状態に更新するようお願いいたします。
  • 参照:目録システム利用マニュアル第7版「4.8.2 参加組織データを修正する」
  • 参照:ILLシステム操作マニュアル第7版「8.2 自館の参加組織レコードを更新する」
  • また、参加館情報管理システムに登録しているメールアドレスを変更する場合は、サインインをした後「アカウント情報」から更新してください。
  • 参照:アカウント情報の編集
  • ▲ページTOPへ戻る
    2.5 文献複写料金の変更について


    Q.
    ILLの文献複写料金を変更します。NIIへの申請は必要ですか。


    A.
    NIIへの申請は特に必要ありません。ただし、参加館にて参加組織情報を必ず最新の状態に更新するようお願いいたします。
  • 参照:ILLシステム操作マニュアル第7版「8.2 自館の参加組織レコードを更新する」
  • 2.6 利用番号に紐づくメールアドレスについて


    Q.
    学内の申請をまとめて行いたいので、複数の利用番号に対し一つのメールアドレスを登録することはできますか。


    A.
    新システムでは同一のメールアドレスを複数の利用番号に登録することができません。申請用に使用されるIDを予めお決めいただき、そのIDにのみメールアドレスを登録してください。
    なお、利用IDとパスワードはFAID毎に使用し、当該の参加組織(FAID)以外が使用することを想定しておりません。 本館でまとめて分館の申請を行う場合には、IDとパスワードの取り扱いには十分ご注意ください。
    2.7 申請中のデータを別の利用番号が引継いで申請をする場合


    Q.
    利用ID=Aを使用して申請しましたが、申請内容に不備があり、データが差し戻されました。 差し戻されたデータを利用ID=Bで再度申請したいのですが、その場合、どのメールアドレスに承認等の連絡が届くのでしょうか。


    A.
    利用ID=Aおよび利用ID=Bの両方のメールアドレス宛に届きます。 申請に関わるメールは、当該データの申請で使用したすべての利用IDのメールアドレスに届くよう、設定されています。
    2.8 利用番号やパスワードが分からない場合


    Q.
    NACSIS-CAT/ILLシステムに接続するための ID(利用番号)、パスワードがわかりません。


    A.
    NACSIS-CAT/ILLシステムに接続するID(利用番号)とパスワードは、NIIよりお送りした「担当者登録書」に記載されています。
    「担当者登録書」が不明の場合には、下記事項を記載の上NACSIS-CAT担当(e-mail: catadm@nii.ac.jp)までお問い合わせください。ID(利用番号)・パスワード記載の一覧をメール添付でお送りします。
    なお、添付した一覧は担当部署にて厳重に保管してください。
      • 参加組織名称
      • 参加組織ID(FA番号)
      • 郵便番号・住所
      • 担当者所属・氏名
      • 送付先メールアドレス
    2.9 サインインができない場合


    Q.
    NACSIS-CAT/ILL(目録所在情報サービス)参加館情報管理システムにサインインができません。
    1. ID(利用番号)が分かりません
    2. パスワードが分かりません


    A.

    1.ID(利用番号)が分からない場合

    利用申請サインイン用のID(利用番号)・パスワードは、NACSIS-CAT/ILLシステムに接続するID(利用番号)・パスワードと同じものです。 NIIよりお送りした「担当者登録書」に記載されています。
    また、一度もサインインをしたことのない機関で「担当者登録書」が不明の場合には、下記事項を記載の上、 NACSIS-CAT担当(e-mail: catadm@nii.ac.jp)までお問い合わせください。ID(利用番号)・パスワード記載の一覧をメール添付でお送りします。
    なお、添付した一覧は担当部署にて厳重に保管してください。

      • 参加組織名称
      • 参加組織ID(FA番号)
      • 郵便番号・住所
      • 担当者所属・氏名
      • 送付先メールアドレス


    2.パスワードが分からない場合

    既に参加館情報管理システムにサインインをしたことがあり、パスワードだけがご不明の場合には、「パスワードを再設定する」から再設定することも可能です。
    パスワードを再設定される場合には、NACSIS-CAT/ILLシステムに接続する時のパスワードも変更になりますのでご注意ください。

    2.10 相殺サービス利用時の名称変更について


    Q.
    ILL料金相殺サービスに参加しています。名称に変更があった場合はどうしたらよいですか。


    A.
    目録所在情報サービスの名称変更の他に、ILL料金相殺サービスの変更申請も一部必要です。 参加館情報管理システムから登録状況を確認し、 更新する必要があれば変更申請をあげてください。
  • 参照:ILL料金相殺情報:利用申請について −変更申請
  • 2.11 ISO-ILL利用時の名称変更について


    Q.
    日韓グローバルILLに参加しています。名称変更があった場合はどうしたらよいですか。


    A.
    目録所在情報サービスの名称変更の他に、日韓グローバルILLの変更申請も必要です。 申込書を下記のページからダウンロードし、 NACSIS-ILL担当(e-mail: illadm@nii.ac.jp)まで提出してください。
  • 参照:グローバルILL
  • 2.12 機関名称のみ変更の場合のレコード一括更新について


    Q.
    機関名称が変更になりましたが、略称は変わりません。レコードの一括更新は必要ですか。


    A.
    所蔵レコードの更新は、略称の変更がある場合に必要です。機関名称のみを変更する場合は必要ありません。
  • 参照:4.2 レコード一括更新作業が必要な理由について
  • 2.13 配置コードの変更について


    Q.
    配置コードを変更したいのですが、どんな手続きが必要ですか。


    A.
    配置コードの[変更申請]をお願いいたします。また、所蔵の一括更新が必要です。

    配置コードの変更申請とあわせて所蔵レコードの更新が必要です。既作成の所蔵レコードには作成時の略称・配置コードがついており、略称・配置コードの登録を 変更しても、所蔵は自動的に更新されません。 その為、略称・配置コードの変更がある場合には、略称・配置コード変更後に所蔵を更新する必要があります。
    参加館で更新をするか、あるいはNIIで更新することになります。 NIIで更新する場合は、「レコード一括更新作業依頼書」を提出してください。
  • 参照:4.3 レコード一括更新完了までの期間について
  • 参照:所蔵レコードの一括更新
  • もし一括更新作業前に新しい配置コードを利用したい場合には、配置コードの[新規申請]と[取消申請]をそれぞれ同時にあげてください。 先に新しい配置コードを登録し、一括更新で所蔵を更新した後に、元の配置コードを取り消します。
  • 参照:配置コードの変更申請方法(配置コードの追加・変更・取消をする場合)
  • 参照:参加館情報管理システム
  • 2.14 配置コードの統廃合に伴う申請方法について


    Q.
    配置コードを見直し、統廃合をすることになりました。どのように申請をあげたらよいですか。


    A.
    配置コードに所蔵が登録されている場合には、変更申請と取消申請を分けてください。
    • レコード一括更新作業を伴う配置コード変更申請の場合には、データ反映日を一括更新作業の当日に設定する必要があります。
    • レコード一括更新作業を伴う配置コード取消申請の場合には、データ反映日を一括更新作業後日に設定する必要があります。
    それぞれデータ反映日が異なるため,種別毎に申請をあげてください。

    2.15 印刷した利用申請書の表示について


    Q.
    変更申請の利用申請書を印刷しました。担当者欄が空欄ですが、このままでよいのでしょうか。


    A.
    変更申請と取消申請の場合、利用申請書の「担当者欄」と「情報欄」は空欄になりますが、問題ありません。 何も記載せず、公印を押印してNIIまで郵送してください。
    2.16 英文名称の変更について


    Q.
    名称変更にともない、英文名称も変更します。変更申請をあげる他に対応することはありますか。


    A.
    参加組織情報の更新をお願いいたします。
  • 参照:目録システム利用マニュアル第7版「4.8.2 参加組織データを修正する」
  • 参照:ILLシステム操作マニュアル第7版「8.2 自館の参加組織レコードを更新する」
  • また、英文名称をCiNii Books英語版に表記する場合には、参加組織情報のPOLICYフィールドに所定の形式で記述をしてください。
  • 参照:2.参加組織名称の英語表記(CiNii Booksのリリースにともなう参加組織のファイルのメンテナンスについて)
  • ▲ページTOPへ戻る
    3.取消申請
    3.1 目録所在情報サービスからの脱退について


    Q.
    目録所在情報サービスから脱退するにはどうしたらよいですか。


    A.
    事務処理の都合により、脱退の一ヶ月以上前に参加館情報管理システムから 取消申請のお手続きをお願いいたします。また、登録されている所蔵を削除するため「レコード一括更新作業依頼書」を提出してください。
  • 参照:取消 申請手順
  • 参照:所蔵レコードの一括更新

  • ILL料金相殺サービスを利用している場合には、下記のページもご参照ください。
  • 参照:2.14 利用を中止する場合の申請について

  • グローバルILL(日韓)を利用している場合には、申込書を下記のページからダウンロードし、 NACSIS-ILL担当(e-mail: illadm@nii.ac.jp)へ提出してください。
  • 参照:グローバルILL

  • それ以外にご相談が必要な場合は、NACSIS-CAT担当(e-mail: catadm@nii.ac.jp)までご連絡ください。
    3.2 利用番号の取消について


    Q.
    使わない利用番号(ID)を取消すにはどうしたらよいですか。


    A.
    参加館情報管理システムから利用番号の取消申請のお手続きをお願いいたします。
  • 参照:利用番号と担当者の追加・変更・取消申請

  • なお、利用番号(ID)を取消すと、その利用番号(ID)ではNACSIS-CAT/ILLシステム及び参加館情報管理システムに接続ができなくなりますのでご注意ください。
    また、目録所在情報サービスの取消申請をあげている場合は、利用番号(ID)の取消申請は不要です。
    ▲ページTOPへ戻る
    4.レコード一括更新作業依頼
    参照:所蔵レコードの一括更新
    4.1 レコード一括更新の申込について


    Q.
    どのような場合にレコード一括更新を依頼できますか。


    A.
    主に以下の場合に、更新する所蔵レコードの件数が多い等の理由で、所蔵レコードの情報をNIIで一括して更新するよう依頼することができます。
  • 参加組織略称を変更する場合
  • 配置コードの名称を変更する場合
  • 配置コードを削除する場合
  • 配置コードに登録された全ての所蔵レコードを別の配置コードに付替える場合
  • 全所蔵レコードを削除する場合
  • ※参加館で所蔵レコードの情報を更新する場合、申請は不要です。
    ※図書レコード・雑誌レコードごとに情報を更新することができます。

    詳しくは、以下のページを参照してください。
  • 参照:レコード一括更新作業取扱要領pdf
  • 4.2 レコード一括更新作業が必要な理由について


    Q.
    なぜ、参加組織略称や配置コードを変更すると所蔵更新作業が必要になるのですか。


    A.
    既作成の所蔵レコードには、作成時の略称や配置コードの情報がついており、参加組織ファイルの略称や配置コードの登録情報を変更しても、 所蔵レコードの情報は自動的には更新されません。別途、新しい略称や配置コードのデータに所蔵レコードを更新する作業が必要となります。 参加館で作業していただくか、あるいはNIIで作業を行うことになります。
    4.3 レコード一括更新完了までの期間について


    Q.
    レコード一括更の申請から作業完了までにはどのくらいの期間が必要ですか。


    A.
    参加館からの申込み状況によって、作業にかかる期間は異なります。 申込み順に処理を行い、実施まで通常は一ヶ月程度かかります。 年度末年度初など申込みが多数重なる時期は、申込みから実施まで一ヶ月以上かかる場合があります。 実施日は、別途調整いたします。
    4.4 レコード一括更新作業で指定できる条件について


    Q.
    書誌ID(NCID)や請求記号(CLN)などの条件を指定してのレコード一括更新作業は可能ですか。


    A.
    特定の条件を指定しての一括更新・削除等の作業は原則としてできません。 NIIで受付可能なレコード一括更新作業は、Q4.1で例示した条件のみです。

    詳しくは、以下のページを参照してください。
  • 参照:レコード一括更新作業取扱要領 pdf
  • 4.5 レコード一括更新作業での更新日付について


    Q.
    レコード一括更新作業を行うと、所蔵レコードの更新日付(RNWDT)は更新されますか。


    A.
    更新されません。レコード一括更新前のRNWDTが保持されます。
    ▲ページTOPへ戻る
    4.6 レコード一括更新に伴う所蔵の重複について


    Q.
    配置コードの付替えを行った際、重複する所蔵レコードは統合されますか。


    A.
    レコード一括更新作業では、重複した所蔵の統合は行われません。 複数の配置コードを1つの配置コードに統合した際、重複する所蔵データがあれば、同一書誌で同一FA・同一配置コードで登録された所蔵レコードが複数が発生する可能性があります。また、この場合、CiNii Booksの検索結果では所蔵が複数表示されることになります。

    例) 配置コード「分館」を「本館」に付替えた場合 所蔵館の表示

       (所蔵館) (配置コード) 
       情報研大  本館  123456 
       情報研大  本館  234567 (もと「分館」のレコード)
    4.7 配置コードの付替えに伴う所蔵の重複について


    Q.
    配置コードの付替えを行った場合に所蔵レコードの重複が発生することが予想されますが、どうすればよいでしょうか。


    A.
    事前に、参加館で重複する所蔵の整理を行ってください。
    4.8 重複した所蔵レコードの確認について


    Q.
    重複した所蔵は抽出してもらえますか。


    A.
    重複した所蔵レコードのIDリストなどは、提供しておりません。 ただし、現在NACSIS-CATに登録されている所蔵データを、個別版サービスで提供することは可能です。
    所蔵データを入手された後、参加館で該当するレコードを抽出してください。 詳しくは、以下のページを参照してください。
  • 参照:個別版サービス
  • ※「個別版」サービスは、総合目録データベース(NACSIS-CAT)から機関(あるいは参加組織)単位に書誌・所蔵データを抽出して、Web経由で提供するサービスです。

    4.9 レコード一括更新作業終了後の重複所蔵の修正について


    Q.
    レコード一括更新作業終了後に、重複する所蔵を修正することは可能ですか。


    A.
    可能です。但し、NACSIS-CAT/ILLシステムでは、配置コードが重複した状態では所蔵レコードの修正は行えません。修正を行う場合は、不要な所蔵レコードを削除してから修正してください。

    図書館システムによっては、配置コードが重複した状態で所蔵を削除することができない場合があります。レコード一括更新作業の前にお使いの図書館システムが、配置コードが重複した状態で所蔵を削除できる仕様かどうかについては、各クライアントメーカーにご確認ください。

    お使いの図書館システムで、配置コードが重複した状態での所蔵削除が不可能な場合は、NIIで公開しておりますクライアントWebUIPを用いて削除することも可能です。

    詳しくは、以下のページを参照してください
  • 参照:WebUIP
  • ▲ページTOPへ戻る
    5.その他
    5.1 学総目館・学総目WebUIP館の申請について


    Q.
    学総目館・学総目WebUIP館です。オンライン館に移行する・名称を変更する・利用を取消す場合は、どのような手続きが必要ですか。


    A.

    参加館のご事情にあわせて、お手続きをNIIよりご案内いたします。 下記の内容をメールでお知らせください。

    宛 先 :国立情報学研究所 学術コンテンツ課 NACSIS-CAT/ILL担当
    E-mail :catadm@nii.ac.jp
    Subject :「目録所在情報サービスの利用について(学総目館)」

      • 機関名
      • 参加組織番号(FA番号)
      • 相談内容:(例)オンライン館への移行について・名称の変更・利用の取消について
      • 連絡担当者

    5.2 病院図書室の参加について


    Q.
    病院図書室は参加できますか。


    A.
    参加の可否についてNIIで検討します。 参加方法を参照し、下記の事項について記載の上 NACSIS-CAT担当(e-mail: catadm@nii.ac.jp)までお問い合せください。
    1.「目録所在情報サービス」の参加目的

    2. ILLの実施を含めた図書館の具体的な状況
      • 蔵書数:
      • 利用対象者:
      • 目録登録予定数(年間もしくは月次予定数などの形で):
      • ILLの利用状況
         複写:依頼・受付件数(年間もしくは月次予定数などの形で):
         貸借:依頼・受付件数(年間もしくは月次予定数などの形で):
    5.3 NACSIS-CAT/ILLに接続ができない。あるいは、接続ができても作業時にエラーが表示される。


    Q.1
    図書館システムからNACSIS-CAT/ILLに接続することが全くできません。エラーが表示されます。

    Q.2
    NACSIS-CAT/ILLに接続はできるが、検索・登録等の作業時にエラーが表示されます。


    A.
    調査のため、下記5点について記載の上、NACSIS-CAT担当(e-mail: catadm@nii.ac.jp)までお問い合せください。
    また、使用しているパソコンの設定や学内ネットワーク環境等の確認、図書館システムメーカーへの確認もあわせてお願いいたします。
    1. システム名(メーカー:  )
    2. エラーが発生した日付と時刻
    3. エラーが発生した際に使用した利用番号(A+5桁の数字)
    4. 具体的にどのようなエラーが表示されるか(エラー画面添付のこと)
    5. エラー発生時のCATPログ(出力については図書館システムメーカーご担当者様へご確認ください)
    ▲ページTOPへ戻る
    最終更新日: 2020年08月04日