事業について
事業について
NACSIS-CAT関連情報
Z39.50関連
国立情報学研究所では、国際標準である、情報探索プロトコルZ39.50(JIS X0806)に対応した次のサービスを提供しています。
NACSIS-CAT Z39.50ゲートウェイサーバ機能
外部機関から、Z39.50プロトコルを介して総合目録データベースの検索利用を可能とするための機能です。平成13年6月から試行運用を開始し、平成14年3月から本格運用しています。利用に当たってはZ39.50クライアント機能をもったクライアントが必要です。
利用希望機関は“利用にあたって”をご覧の上、学術コンテンツ課まで御連絡下さい。
NACSIS-CAT Z39.50ゲートウェイ仕様解説
・IPアドレス認証の開始について
平成16年7月30日より、IPアドレスによる認証を開始します。接続に使用しているIPアドレス及びFQDNを学術コンテンツ課までお知らせ下さい。
NACSIS-CAT Z39.50クライアント機能
外部機関が提供するZ39.50サーバをNACSIS-CAT/ILL側から利用するための機能です。
例えば、この機能を使うと、海外の書誌ユーテリティの書誌データベースを検索し、参照利用することができます。
利用に当たっては、各種の留意事項、システム設定項目がありますので必ず「接続利用のガイドライン」の内容を確認してください
RLGの接続利用のガイドライン *RLGは2007年4月にサービスを終了いたしました。
OCLCの接続利用のガイドライン *OCLCは2013年3月をもってNACSIS-CATからの接続を終了いたしました。
KERISの接続利用のガイドライン
HBZの接続利用のガイドライン
BNEの接続利用のガイドライン
ICCUの接続利用のガイドライン
BNFの接続利用のガイドライン
最終更新日: 2016年06月28日