目録情報の基準 第5版 (案)

このマニュアルは、CAT2020に対応した『目録情報の基準 第5版』の案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ] 3.4 総合目録データベースの品質管理
[次ページ] 4.2 記述対象のとらえ方

4 図書書誌データ

4.1 図書書誌データの構成と記述規則

 各項目中のデータ要素は,原則としてISBD(International Standard Bibliographic Description)(ISBDに対応しない項目についても類似の形式)に従って記述する。

4.1.1 ID & コードブロック

 このブロックは,次の諸要素からなる。

  *の項目は,和古書,漢籍,西洋古典籍等,記述対象の資料毎に所蔵館が書誌データを作成し,その書誌データが他館で活用されることを前提としない資料,多巻物であっても情報源が先頭の巻など1か所にしかないマイクロ形態資料等,複数の出版物理単位が表現されている場合は,対になって繰り返すことができる。

 なお,コード類は,原則として,USMARCフォーマットのコード体系に準拠する。

4.1.2 記述ブロック

 このブロックは,目録記入の記述の部分に相当する。

 各フィールドのデータは,ISBD区切り記号法に準拠して記述するが,各データ要素の機械的識別のため,一部の記号法を改変して使用するところがある。

 データの記述に当たって適用する目録規則は,原則として日本語資料,中国語資料,韓国・朝鮮語資料についてはNCR(日本目録規則)1987年版改訂3版,左記以外の資料についてはAACR2(Anglo-American Cataloguing Rules, 2nd Edition) 1988 Revision, Amendments 1993とする。

 本基準の中で,特に指示がない場合は,目録規則はこの2種類をさし,各々単にNCR,AACR2とも言う。

 ただし,PREBOOKデータセット中の書誌データや参照データセットからの流用入力によって作成された書誌データは,作成元の目録規則に基づいた記述を許容する。

4.1.3 リンクブロック

 このブロックには,以下の項目がある。

1.書誌構造リンク
書誌構造の下位データから上位データに対するリンク形成に使用する
2.著者名リンク
著者名典拠データに対するリンク形成に使用する
3.統一書名リンク
統一書名典拠データに対するリンク形成に使用する

 これらの項目では,目録作業時に他のデータとのリンク形成を行う。リンク形成後,各項目にはリンク関係の情報が示される。

 ただし,リンク形成を行わない場合,これらの項目は,本基準の4.2.1-3 集合書誌単位で定める共通のタイトル等や,8 著者名典拠データ9 統一書名典拠データの項で定める統一標目形を記録するために使用する。

4.1.4 主題ブロック

 このブロックでは,標準的な書誌分類及び件名等を記録する。

 分類については,書誌分類であって,書架分類ではないことに注意する。すなわち,個々の図書館等の独自な情報である書架分類は,書誌データではなく所蔵データに記録する。


[ページの先頭]