目録情報の基準 第5版 (案)

このマニュアルは、CAT2020に対応した『目録情報の基準 第5版』の案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ] 2.8 リンク関係
[次ページ] 3.2 リンク形成

3 総合目録データベースの運用

3.1 データ作成

 データ作成とは,総合目録データベースに新たにデータを作成,登録することである。データ作成の方法は,手動による流用入力,新規入力,システムによって自動的に行われるシステム登録の三通りである。

1.流用入力
2.新規入力
3.システム登録

3.1.1 流用入力

 流用入力とは,参照データセットもしくは総合目録データベース中のデータを利用して新たなデータの登録を行うことである。

 総合目録データベースもしくは参照データセットを検索して得たデータは,必要に応じてデータ修正を行い,総合目録データベースに登録を行うことができる。

3.1.2 新規入力

 新規入力とは,総合目録データベースにも参照データセットにも該当するデータ,又は流用入力可能なデータが存在しない場合に,全く新たなデータを作成し,総合目録データベースに登録を行うことである。

3.1.3 システム登録

 システム登録とは,外部機関作成データを総合目録データベースにあらかじめ機械的に登録することである。

解説(図書書誌データのシステム登録)

 図書書誌データセットにおけるシステム登録とは,外部機関作成書誌データをPREBOOKデータセットに機械的に登録することを指す。


[ページの先頭]